fc2ブログ

デイトキット 

東京駅からつくばへと向かうバスは、隅田川沿いの高速道を走る。普段その中に埋没している時の都市とは違い、外から見た都市は驚くほど小さい。それでも確かにあの中で、働き、暮らしている人がいると思うと、不思議な気分になる。それは愛おしさに近くて、でももっと渇いている。

隅田川沿いには色んな景色がある。車の行き交う橋、貨物船、遊覧船、高層マンション、広告塔、幼稚園、土手、散歩する犬、カモメ、電波塔、プラント、古ぼけた社宅、木造住宅、公園、ブルーシートハウス、水面に浮くビニール袋、屋形船、体育館、イベント会場、交差するクレーン、球形の圧力タンク。

それらすべて、沈んでいく夕陽に影をのばし、静かに闇の中へ消えていく。バスの中には絶え間ないエンジン音。東京は美しい。


* * *

キリンの王様どこへ行く?

キリンの王様さがしもの。

高い木さがして西から東。

高い木さがしてなにをする?

キリンの王様くびをつる。

王様飽きたとくびをつる。

木のてっぺんには王冠一つ。

だれもとれない王冠一つ。

(鳩麦ゲン著『特に意味はありません』より)
スポンサーサイト



筋肉通 

newboldとカラオケ行った帰りにコンビニに寄ったら、店の前のベンチの上でアベックが対面座○で幼児プレイしてた。なにあのアニメ声。
コンビニでも愛は買えますが、もう少し探してください(byスピッシ)

まもって守護月天をほもって守護月天と読み間違えたりしますが、僕は元気です食☆ハ☆゜☆ンです。

あーもう、どいつもこいつも!土井!ツモ来い!ツモ!なんて最近ずっと思ってた僕ですが、毎日泥だらけになりながら穴掘ったりパイプ組んだりしてたら忘れました。あ、周りの人を責めてたわけじゃないんですよ。口癖です。あまり良くない口癖ですね。

カラオケ、久しぶりに行ったら歌い方を忘れてました。僕は歌い方を忘れた小鳥@布団の中です。ねむいんで。

バイト仲間から、「ねむいってぼやくヤツに対して『おまえは平成の~~か!』って言ってやりたいんだけど何がいいかな?」と相談されました。元々ギャグのセンスが無い上に、アドリブには滅法弱い僕です。その場は愛想笑いでごまかし、今じっくり考えても「おまえは平成のランディー・ガードナーか!」ぐらいしか思い浮かびません。ちなみにランディー・ガードナー君は1964年に264時間の断眠に成功したアメリカ人の17歳の男の子です。これは断眠における公式の世界記録です。はい、地味に知識自慢しました。笑えませんか。ねえ笑って(そして抱いてHOLD ON ME)。

ちなみにランディ君がこの記録を樹立したのはクリスマス休暇の頃だったそうです。高校最後のクリスマスに何やってんだ。あれ、確か僕の高校最後のクリスマスはパソコンの中の女の子と一緒に二つのケーキを食べてたような(実話)。そうか、きっとランディ君は他のクラスメート達に対する熱い嫉妬と憎悪の感情で記録を勝ち取ったんだな。

はい、そういう訳でかつて王子とか呼ばれてた人間の哀れな過去を暴露したところで、オヤスミポンジュース。

報告 

最終面接の件はなんとかなりました。でももう疲れたよラッシー。

天使様が見える 

ちょwww今、最終選考の日程を決めようとリクナビみたら…………
















「受付は終了しました」




だってwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwっうぇっうぇwwwwwwちょwwwwwニート列車が発車しちゃうwwwwwwあばばばbb


とりあえず、なんとかしてちょとメールを送ったておいた。なんとかなるといいなあ。

Backspace 

体験入学二日目。深夜バイトと就活用英文レジュメの作成で一睡もできんかった。

体験入学中の課題は、新宿サザンテラスという街の一角をイメージしたポスター。モード学園は就職に直結した技術や発想を養うことに重点をおいているから、客層を無視したマイワールドなアートはNGなんだと(と言ってもみんな自由だけど)。

で、できたのがこれ。



発想としてけっこう安直になったけど、個人的には満足です。久しぶりに真面目にものを作ったな。とりあえず僕に色彩センスが無いことはよくわかった。


で、今回の体験入学を終えて、やっぱり何かを作るって楽しいなあと当たり前のことを実感したのよのさ。卒業したらどっか専門学校行くのもいいかしらと思わんでもない。モード学園じゃないにしろ。

31日には今まで受けてた会社の最終面接なんだが、果たしてどうするべきか。まあでもお金も必要なことだし、とりあえず就職しようとは思う。仕事だってクリエイティブなものだし、何年か働いて、それでもやりたければやるでしょう。


そして帰りにBLマンガを借りる。ディープさを段階で表すと1, 1, 2.5くらのライトなもの(持ち主談)を3冊。早速帰りのバスの中で読んでみた。


……こ、これは…………!!

…………やばい、顔の筋肉が弛むのを止められない!!

横の席の人にばれなかったかしら。なんだろう、萌えとは違うこの高揚感。
( ゚∀゚)=3ムッハー

メイク ア 腐レンド 

CMで見かけた東京モード学園の体験入学に行って来た。100%中の100%(つまりそれってただの100%だよね?)その場の勢いで申し込んで、当日の朝後悔。ねむい……。


グラフィック専攻というチョイスもまあ、人生舐めてるとは思うんだけど、それ以上に学生の人達が皆オシャレで、自分の場違い感が酷かった。普通のジーパンはいてる人なんて一人もいないよ。

そんな中、銀髪&ゴスパン&球体関節人形抱えた腐女子(歴史萌え)という逸材を発見して心の中で(・∀・)キタコレ!!と叫ぶ。ホモ(あえてゲイとは言わない)のルートヴィッヒ2世に萌えるあまりドイツまで巡礼の旅に行ったり、いつも妄想のネタにしてるのを謝るために沖田総司の墓参りに行ったりしてるらしい。やばい本物だ。

休憩中、なんでダ・ヴィンチはラファエロに手を出さなかったのかと延々グチっていた(タートルズじゃないよ)。それだけ熱く語られると、なんか読んどかなきゃいけない気がして思わず「何か貸してください」って頼んでしまった。またいらんものにデヴューしてしまう。

虫のような日々 

「乙女ロード」なんて美化しすぎ!新名称を考えよう喪ゲ女

>>33-35の流れが素晴らしい。自虐の中に垣間見える潔さと自己肯定が泣かせる。


頭パーの条件反射だけでバイトしてたら、雨上がりのせいか羽アリがたくさん来店した。床から棚から、そこかしこにアリ、アリ、アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ アリストテレス!!(だからイデアは俺じゃないから)


ああぜんぶめんどくさくなってきた

 

シロクマの屑籠(汎適所属) DQNという個人の適応形態の再評価――public spaceにおける暴力の復権(要約)

DQN的ふるまいは、今日のストレス社会において極めて有効な適応戦略である。多様な価値観を認めず、自己中心的で想像力に欠けることでストレスを受けることがない。同時に、自身も周囲のストレッサーとなることで他を駆逐するという、攻守兼ね備えた戦略なのである。

この社会では、ある程度頭の良い人ほど病気になりやすい。自己中心的というのは人間として当然であるのに、そうしたふるまいは悪徳であると散々教え込まれたギリギリ最後の世代であるから、自己を抑圧してしまう。人によっては抑圧こそ美徳と思ったりもするのだろう。

美徳や悪徳というのは人それぞれが自分で決めるもんだから、最終的に自分の好きなようにやるしかない。けど頭でっかちになるとどこかに正しい振る舞いがあると思うんだろう。正しさにすがりたい、とも言う。それを責任転嫁と一蹴することは、やはり多様な価値観の否定に繋がるのだろうか。


まああれだ、レポートがおわんねえ……。

すくいきれないもの 

日本語に漢字が入ってくる前まで、例えば「目」と「芽」のような同音異義語は同じ言葉として使われていたと、国語の講義で聞いた。光を感じ、外の世界を見ようと真っ先に土から出てくる芽の性質に、目との共通性を感じていたらしい。鼻と花も、"香り"で媒介されるものだから、とかなんとか。

そういえば、救うと、掬うも同じだ。水を掬うのは手で、救いの場に必ず現れるのも手だ。救いの手は窮地に現れて掬い上げてくれる。

すくいきれなかったものは指の隙間からこぼれる。すくいたいものが多ければ多いほど、すくいきれないものが増えていく。すくわれなかったものは、流れに飲まれて消えてしまう。

誰だって、すくい、こぼし、すくわれ、こぼれて、……そんな肯定は、要らない。

あ、bluebeetle君、新聞受けの中にささやかなプレゼントを入れておいたよ。なにこの恋する乙女。けど僕がそういうこと言うと、どうも周りが誤解して困る。誤解されても僕は困らんのですが、この場合bluebeetleが引くとかいうことになるので、つまり、あんまこういうこと言わん方がいいんだな。


と、そんな話で、半日スーファミしていた記憶を消したい。
気付いたら時計が一周いしてたよ。キングクリムゾン!

家族が増えました 



ダニエルくんと、

060722_0511~0001.jpg

ラドクリフくんです。


二人併せてハーマイオニー!……になったらいいのに。

50%オフで売られていたところを更に値切り、2人セットで3500円。今日の面接でもらった交通費で支払う。横領ってこんな気分かしら。


バイトを上がる頃、丁度みぬきさんに出くわし、ハウルを見ながら飲むことに。終盤、動く城が足と底板だけになった中で、カブが朝日を浴びながら洋々と立ち尽くしているシーンが綺麗だった。ここに限らず、一つ一つの情景がすごく綺麗な映画だと思った。他はやっぱり宮崎ドリーム。こんな恋がしたいのねふーん、っていう。

その後は例によってBLトークと猥談。bluebeetleすまん、とだけ言っておく。

ナースエンジェルとかいうのがいたような 

今日は看護・医療科学類で開設されている集中授業の日。看護の学系棟の入り口は学生証のバーコードをかざさないと入れないようになっていた。ナース目当てで来る怪しい人がいるからかしら。自分の学生証が弾かれたので、人が来るのを待ち伏せして後から滑り込む。確かに怪しい。

入ってみるとまさにそこは女の園。うっすらと緑がかった白衣を着た看護学生たちがそこかしこを歩き回っているではないか。びゅりほーわんだほー。なんてことを、もみじさんやshisyamoが言ってても引かれないのに、男が言ってるとそれだけで後ろ指ですよ。なにその指、秘孔でも突きたいの?あべらば。

講義は最初の5分だけ聴いて寝た。寝づらかったから休み時間にロビーのソファーに移動して寝て、起きたら終わってた。人生大丈夫かおれ。


その後ピアノの部屋に行くとM子がいた。どうでもいいけどM子って書くと女みたいだな(男です)。弾いてる内にわらわらと人が集まってきて、最大7人。うぜえ(←ほめ言葉)。みんないつものように楽しそうなのはいいことだが、例によってバターが燃え尽きそうなのが心配。まあ、彼なりに考えてやってるんだろうから、あんまり僕が口を出す問題でもないのだろう。

帰りにM子と平砂食堂でご飯を食べる。くそ、M子が男だってバラさなければ、女の子とデートしてるように見せかけられたのに(デートで平食行くな)。M子はカツカレー大盛を頼んでいたが、それでも足りないらしかった。夢屋やRanRanクラスじゃないと満腹には程遠いらしい。体専の胃袋はバケモノです。


帰り。濃い青をした空に伸びる、黒い建物のシルエットが綺麗だった。青と黒の、二色刷りの世界。

明日は面接。この会社に受かったら就活を辞めようと思っていたけど、最近、少し迷っている。

今の会社は勤務地が選べないから、もしかしたら遠く知らない土地に飛ばされるかもしれない。そしたら友達に会えなくなる。高校から大学に進学する時は、新しい生活に胸を躍らせていたから、離れ離れになる友人のことなんて考えもしなかった。それに、愛媛には実家があるから、僕の居場所はまだある。でも、つくばを離れたら、つくばに僕の居場所はなくなる。友達の家に泊まればいいとか、そういう問題でもなくて、言いようのない、部外者としての疎外感。

だから僕は、今日を誰かと過ごさなくちゃ、と思う。
引きこもってる場合では、ないのだ。

ホーロドニー・スメルチ! 

「(LOVE!)恋を~して~ (OH!)君に~夢中~ 普通のー女とー思っていーたけーどー」

という歌詞の歌がコンビニでヘビーローテーションです。注目すべきは「普通の女と思っていたけど」というフレーズ。最後の逆接は一体どこにかかるのか。

「普通の女と思っていたけど」→異常な女だった。

「普通の女と思っていたけど」→普通の男だった。

「普通の女と思っていたけど」→異常な男だった。

他の歌詞は聞き取れないので真相は闇の中ですけど、一番怖いのは異常な男だったパターンか。自分が非力なせいか、腕力で勝てない相手に対する恐怖心が拭えない。先日も胸ぐらの掴み合いをすることがあったんだけど、足がガクガク震えてた。



酢飯疑獄かサナギさんか(どっちも施川ユウキのマンガ)のネタに「素直に喜べない相手の好意」というものがある。

その中の一つに、「ほれ!見ろよ!でっかいイボ!触らせてやるよ!」と、しきりに自分のイボを触らせようとする友人が挙げられていた。

そこで、もしも通りすがりに僕に出会うことがあったら注意して欲しい。今の僕は、まさにこの友人のように「見ろ!日焼けした腕の皮がいまにも剥がれそうだぞ!むかせてやるよ!」と言いながら、君の二の腕をわし掴んで離さない勢いなのだ。

わかった、証拠を見せよう。これだ。見ていてあまり気持ちの良い画像じゃない。精神的に不安定だったり、僕のことをまだ好きな人達は見ない方がいい。だが、見てしまった人はもうおしまいだ。僕の腕の皮をむきたくて仕方がないはずだ。むしろ、指でつまんではがすだけじゃ飽き足らず、前歯で甘噛みしながらピリピリと神秘のヴェールを剥がしたい衝動に駆られた、そうだろう?よろしい。多少、生理的な嫌悪感は拭えないけれど、僕は鬼でもなければ閻魔でもない。君の気持ちも解るんだ。だがね、一つだけタブーを決める。絶対に、いいかい?"絶対に""唾液を""つけては""いけない"。わかったかい?よし、いい子だ。よく我慢したね。いいよ、心置きなく腕の皮をむくといい。存分にね。


自分で書いててなんですが、↑の人が気持ち悪くて仕方ありません。最近悪友くらいにしか会うことが無いので、いろんな箍(たが)が外れて来てるんだと思います。今日のスイカ会で骨魔王が、「2日引きこもったら鬱になった」みたいなことを言っていたけど、僕も見習って外に出ないといけないと思いました。

あれ、日記なのに日常を綴ってないよ。以下日常。今日はnewboldに呼ばれてスイカ食べた。スイカっておいしいのね。わたしゃ完全にメロン派だから、今までスイカをあなどってたよ。でもスイカの汁で袖口が赤く染まった。それに気付いたのがバイト行った後だったから恥ずかしかった。帰りにUに会った。律儀なやつだわい。ふぉっふぉっふぉ。

ニャースが進化するとなんになるんだっけ 

あいやー、まったく知らんかった。新聞取ってるのに読んでないのがバレバレだぎゃー。マンガでわかる北朝鮮人権法案

web漫画つながりで、いいものを見つけた。
Hybrid Insector(左の方にある、仮面ライダーを題材にしたマンガ)

探し始めると止まらない。ここの登場人物がかわいくってもう!!
みらくるミルダ

なんだかんだ言っても、僕の中ではここが一番なわけですよ。
リハーサルへようこそ
久しぶりの新作(彼女は言った 彼女は言った)は画力が上がってて、初めて読むにはいいかも。テーマはあほだが胸が苦しい暴走亭主とか、ほんと最高だと思う。


玉石混交のweb漫画を探すよりも、Winnyとかがあればタダで商業マンガが読めるんだよなー。けど、その流れってどうなのかね。つまり、マンガを描いてる人にお金が入らずに著作物が広まるという流れ。

タダで読んでる人は、「買ってまで読みたいわけじゃない」という人が大半だろうから、作者にとっては作品が広まるだけ得な気もする。仮にお金を出して読みたかったとしても、古本や漫喫とかでも作者にお金は入らないわけだし。

著作権がどうのというのはよく解らんが、作者(と出版社)にお金が入らないと、良いマンガは埋もれるだろうね。出版社は冒険しないし、ある程度宣伝しないと売れないし、売れないと返本・絶版。マンガで食べて行けなくなった作者は本業を変えざるを得ないわけで。

絶版だけは勘弁してい頂きたいけれど、昨今の音楽事情がそうであるように、マンガも探索能が要求されるようになるんだろう。表に出てこない物を嗅ぎ当てる嗅覚的な。しごく個人的なことだけど、この"探す"って作業がほんとめんどくさい。面倒なら探さなくていいんだろうけど、そうすると周りに物が無くなる。良いものに触れたいけれど、探すのはどうも、なんて生粋のものぐさですはい。

だからなんだと言われましても 

夏だからという理由で手のひらを切った彼女は、今朝方霧の射す森に入ったまま帰ってこなかった。

降り続く小雨が時間を止めているみたいに、彼女の部屋はあの時のまま、机の上には書き置きがある。

「すべてがかなしくおもうので、もうやめることにしました。
扇風機の前で愛してると言った君のことが、実は嫌いだったことにも気付いてしまいました」

薄明かりの中で見送った彼女の背中は、いつもバイトに行っているのと同じに見えた。けれど見る人が見れば、気付いたのかも知れない。

今日、友人に電話をかけたら酷い欝で死にそうな声を出していた。あまり仲の良くない僕は、声をかけることもできず、かと言って電話を切ることもできなかった。

気まずい沈黙が続く中、彼は時折"ベリー・ミネルバの傘"を歌った。全てを溶かす雨が降りしきる世界で、溶けない傘を持っていた青年のうたった歌だ。

ちょっと通して、いや君じゃない。相合傘の相手は他にいるんだ。

結局、青年は探していた相手を見つけ出せないうちに世界が溶けてしまう。雨が上がってもまだ、青年は相手が来るのを待って傘をさしたままでいる、そんな歌詞だ。

けれど、友人の歌った歌詞は違った。青年は念願の相手を見つけて傘の中に招き入れる。初めは仲の良かった二人だが、徐々にいさかいが増えていった。言葉尻が癇に障るとか、そんな些細なことだ。

終いに二人は別れる決心をするが、どっちが傘を持つかで揉めた。どちらも相手に傘を持たせようとしたからだ。どちらの言い分も「あんたの死に顔なんて見たくない」だった。

相手が投げつけた傘を、青年は受け取らずに歩き始めた。相手も逆を向いて歩き始めた。二人は離れながら溶けてなくなり、雨が上がると傘だけが残った、そんな歌詞だ。

彼がどんな気持ちでそれを歌ったのかは知らないが、しばらくして携帯の充電が切れた。

夏はまだ終わらない。けれどいつだって夏は悲しいのだ。暑苦しさも、けたたましさも、水着のねーちゃんにしたって、全部あの大きな積乱雲の向こうに吸い込まれて、大粒の雨にかわってしまう。


*上の日記は完全なフィクションです。実際の友人・知人を書いたものでも、想ったものでもありませんので悪しからず。

ベリー・ミネルバの傘 

夏休みはお金を貯めることに専念して、春休みになったら卒業旅行でボリビアに行こうと思っている。けれど、どうやらツアーだと30~50万くらいするらしい(塩湖に行く場合)。航空券だけならもっと安いのだろうか。明日あたり大学会館に入ってる旅行会社に聴いてみよう。一部では政情が不安定とか言われてるけど、現在は沈静化してるってよ。


何気なく耳を触っていたら、耳の外側の薄皮が伸びることを発見。ムニィーってなってきもおもしろい。日焼けで水ぶくれになっているらしいのだってえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!なにこれ皮がやぶれた!ひっぱり過ぎて!べろんって!べろんって!!なんか指に液体がついてるし……うわあ、見たいけど怖くて見れない。気持ち悪いなあ……。まあ取りあえずなかったことにしてたらそのうち渇くだろ。


就職できなかった時は、取りあえず東京に行ってパティシエ目指すとか漠然と考えてたんだけど、ちょっと本気で夢を追おうかと思う。ただ、それは"夢"と言ってしまえるほど、何もかも忘れて打ち込めるものでは、多分なくて、色んな制約とか、打算とか、願望とか、そういうのを全部とっぱらった時に自分が何をしたいかな、って考えたら、やっぱりそれしかないという程度のものだ。

今は大卒で新卒で、就職は規定路線で、新しいことやるにもお金がない。何より「働く」というのも意外と楽しいかも知れないと思い始めているから、このまま就職するのも悪くないと思ってる。でももし就職できなかったとしても、それはそれで楽しい気がするんだよ。これって保険かけてるだけだろうか。たとえ周りからそう思われても、僕は楽しいからいい気もする。やっぱり夢見る夢男くんなのかも知れない。まあ、夢見るのはいいけど、夢見るニートの現状はなんとかしないとな……。


耳みてきた。薄皮がべろんてなってる以外は異常無し。薄皮を剥ぐときの感触は日焼けの時と一緒で「ぺりぺり」って感じだった。ヒリヒリするなあ。耳だけじゃなく、腕も首周りも。だってこんなに焼けたんですもん(左が焼けた方、右は日陰だった方)。




え、そんなに変わらない?手首の内側って、外側と同じように骨が出っ張ってるよね。それが埋もれてるの!膨らんだ肉で!(左側の写真参照)そんなわけで、恐怖の風呂に入ってきます。今日、麩の風呂に入ってきます。

デビュー戦 

7月15日、鹿嶋スタジアム。W杯も行われたこのスタジアムで、この日僕はデビュー戦を迎えた。青々としたピッチから見上げた観客席は、その傾斜のついた構造と相まって押し寄せるような迫力がある。そこから発せられる、少ないながらも温かな声援が、すり鉢状になったスタジアムの底に濃密な熱気を沈殿させる。

僕は走った。喉が潰れるほど叫んだ。ボールに翻弄され、ピッチに倒れこむ。長年の引きこもり生活に慣れきった体は、とうに悲鳴を上げて限界を訴えていた。けれど、辛くなんてなかった。心の底から僕は走り回ることを楽しんでいた。

そんな日雇いの警備バイト。随分仰々しく書いたけど、↑は試合前に行われた子供達のミニゲームの引率風景である。いやあ、とても良い経験をさせてもらった。


この日は朝からUとshisyamoと、愛好会員の紹介でJリーグオールスターのスタッフバイト。人の話を聴かないshisyamoと、まだそれに気付いてないUの間で、若干話が噛み合ってなかったのに笑った。そしてノーブランドの靴を持ってなかったからと言って、靴のロゴにガムテープを張って隠して来たshisyamoのクオリティの高さに感服。

バイト先に行くと骨やバターら一行もいた。向こうは白いシャツ着て指示係の立場なのに、こっちは青シャツで肉体労働ですかそうですか。でも似合い過ぎてるから文句言えない。ブルーカラーヽ(´ー`)ノバンザーイ……。

そういや丁度休憩時間にオールスター選手のゴン中山と宮本を見た。「テレビで見るよりカッコイイ!」ってほんとなのね。

休憩中にUが「キャンギャルと写真撮ろうぜ」って、君はそんなキャラだったのか。純朴青年だと思ってたのに……。結局写真は撮れず。


帰って一太郎でお好み焼き食ってフィンへ。Uに指摘されて、自分に対する責任というものから逃げ続けている業の深さを感じた。好きとか嫌いとか、言葉ではっきりさせたがるのも、責任逃れの一つだ。「だってそう言ったじゃん」って相手のせいにできるから。

その後、Kの家に押しかけて寝る。起きたらおしりが痛かった。ウホッ?
そして昨日の日焼け後がブクブクに膨れて、腕が一回り太く逞しくなっていた。Chopin君曰く、「一年生の間では色白キャラで通ってますよ」とのことだったが、これで僕も色黒マッチョキャラになるのか。

Kの布教活動により、トリビアの1コーナー、ガセビアで流れる緒川たまきの「うそつき」をyoutubeで見る。こ、これは……。参考。花屋のがすきだ。


追記:日焼けあとが痛かったので買ってきた薬が、有害薬として悪名高い「キズドライ」の小林製薬だった……。大丈夫かな……。

しつどーん、てセンスねーな 

昨晩は東京で買ったスイートポテト片手にMの家へ。いもうめぇ。

チェスなんぞしつつ2chの菓子板を眺めてるとショコラコスタなるものを発見する。その風貌といい、税込み価格42円なことといい、これはブラックサンダーに対する挑戦状かと思いきや、同じ会社なのね。同族でニッチの取り合いすんなよと。

Mと二人で探しに出かけたのだが発見できず。見かけた方はご一報下さい。仕方無いのでカップめん買ってお湯入れて帰る。学生っぽくよい。

その後ブランデーを舐めてたら寝てしまった。年々酒に弱くなってる。

で、起きて帰ってもういっぺん寝たら四時とかなんですけど。

で、起きてメール見たらみぬきさんが海行こうとか言ってるんですけど。最初の予定はかき氷でしたよね。

で、海。海だったんだけど……ちょ……そろそろ眠………テンショ…………ぶはぁっ!!いや、すごかったんですよ。夜の海、煌々と光る月を……その、なんだ霧が中和してだ……空と海の境界が……えーと………ZZZ, Z-MAN!!
なんだかんだで水着を用意していて良かった。

帰り道「なぜ男は向かい合って座ってる時に女の胸を見るのか」ということについて言い訳をする。つまりさ、顔を見るのって恥ずかしいじゃない。じゃあどこを見るかって言ったらさ、首とかおなかって草原なのよ。その草原にさ、木が立ってたら視線はそこで止まるじゃない。そういうことなのよ。そうそう、世界はそうして回ってるのよ。

羅絵里庵 

遅ればせながらさわさんからのバトン。行く末に注目とまで言われ、なんて僕は幸せものなんでしょう。みんなありがとう。


東京へ出たついでに土井さんとご飯を食べようかとメールしたら、8時間後のさっき返信が来た。あまりのタイムラグに、なんで土井さんからメールが来たのか一瞬解らなかった。時間をすっ飛ばされたのかと思った。


以前、新興宗教のラエリアンがクローン人間を妊娠させることに成功したというニュースが話題になったが、その後とんと音沙汰が無い。というわけでラエリアンのHPに行ってみた(アクセス解析とかでこっちに飛んで来ないよな)。

HPを開いてみると、トップページにはどうやら行き過ぎた親日家の方が映っている。かなりの日本好きらしく、アルカイックスマイルも修得し、シャイな日本人とのアイコンタクトを避けるために虚ろな目をしている。どうやらこの人物がラエリアンの創始者であるラエル氏のようだ。そのまま放っておくと、アジアンな女性の水着姿などが映し出され、中高生に優しいwebデザインになっている。

この宗教が創られた理由は、先のラエル氏がエロヒム(後の氷室京介)と名乗る宇宙人と遭遇したところから始まる。エロヒム曰く、自分達は地球生命の創始者であり、君たちも頭がよくなってきたからそろそろ公的に接触を持ちたい。また今度(2035年)来るから大使館作っといてよ。というものだ。

従ってラエリアンの活動内容は大使館建設のための資金集めと、エロ氷室の存在の周知を主とする(つまりはBOΦWY)。

他の宗教にはないラエリアンの特徴として、エロヒム達がクローン技術によって生命を創造、繁栄させたことから、科学を信奉している。中でもバイオテクノロジーやナノテクノロジー等の生物学的研究活動が盛んで、そのことが件の"クローン人間受胎"のニュースに繋がった。

しかし実際の勧誘活動はかなり低俗で、性行為を餌に信者を集めている例が報告されている。これは、「愛と平和を実現するために、脳内の快楽物質の増加が人間の暴力性を奪う」という宗教理念に基づいたもので、エセ科学の蔓延に警鐘を鳴らす一例と言えそうだ。

ちなみにラエリアンは、多の国においてカルト団体ではなく新宗教という扱いを受けている(ほっといても害が無い)。信者は6万人ほどで、約一割が日本人で最も多いようだ。日本人、SF好きだからね。


クローン人間をつくることにかけては強行な姿勢を取り続けるラエリアンだが、願わくばエロヒムの再来まで命をぞんざいに扱うことのないように思う。そしてこんな下らない日記を書くために費やした僕の一時間半を返してくれ。

(サティ好きのための)ぶよぶよした演奏会 

mixiにて、人生初めてのオフ会とやらに参加。

サティのコミュニティで、どこかに集まって演奏会をしたいねという話になり、イベントが発足。今日遂に行って来た。場所は東京の、30人ほど入るピアノ喫茶。雰囲気はサークルの内輪コンみたいな感じ。

参加申し込みをした時は完全に勢いだけで、当日になってみればあんまりやる気が無いなんてよくあることですが、この日は徹夜明けだったこともあり、完全に休眠モード。東京行きのバスの中でO久保さんと乗り合わせたのにロクに喋らず眠り続け、山手線も寝過ごして一周余分に回った後ようやく着いた。

しかし!生で演奏を聴くとやっぱり(・∀・)イイ!!眼球に直接ワサビくらったみたいに目が覚めた。やっぱりジムノペディを弾く人が多かったけど、各人各様の解釈がありありと表れていて、とても勉強になった。ピアノだけじゃなく、フルート演奏やウクレレ+歌(しかも作詞も!)のような色モノ演奏もあり、21曲セットの『スポーツと気晴らし』を通して弾くなんていうアホな企画もあり、ぜひともまた同様の演奏会を開いて欲しいと思うほど楽しかった。もし次があれば自分も演奏できるくらい練習して行こう。幹事のMigeさんは本当にお疲れ様でした。


もうすぐW杯決勝。今年で引退するジダンに花道を用意してあげようと、フランスは一致団結して挑んで来るんだろう。メディア的にもフランスが優勝した方がドラマティックでいい。しかーし、そこを空気読めないイタリア(と"マトリックス"ことマテラッティ)がジダンやアンリをガシガシ削って1-0とかで勝って欲しい。

攻撃的に変貌したとか言われているイタリアだけど、やっぱりふてぶてしいくらい守備的に相手のミスを待って、そっからカウンターでキレイに一発決めるのが似合ってる。イタリアには悪役が似合ってるし、どっちが勝つにしたてって悪役がいないと盛り上がらない。でもそれは純粋なスポーツの楽しみ方ではないんだよね。思い入れとかを大事にする方ですけん。

同じような例で、クワガタが好きな人が多いのは、圧倒的な量感で百虫の王に君臨するカブトムシがいるからなんだと思うんだよね。カブトがいなかったら、クワガタなんて"清潔感のあるゴキ"くらいにしか思われなかったんじゃないかしら。というとさすがに言い過ぎか。

 

現在9日の朝八時。フナムシの水換えに来た研究室で更新してみる。


八日。バイトのオーナーが変わるため、新しい店長による面接&シフト決め。今までの店長が働いていた4:00-8:00にも入ることになり、今以上に生活リズムが狂いそうな予感。バイト上がりに研究室なんて常軌に則った行為ができる自信が無い。

帰りにピアノ部屋によるとバタ、もみじさん、ウムラウトに会う。newboldんちでサッカーを見た以外、ピアノの人に会うのは久しぶりだなあ。相変わらずみんな自由に壊れてる。

強硬に牛乳を買いに行こうとするバタを誘拐して角ふじへ。そして角ふじの疲労を癒す勢いで飲みということになった。3人があまりに唐突かつ別個にボケ続ける反面、誰も突っ込む人がいないために濁流のように話が流れていく。わたしゃついていけずROM専。でも話を聞いてるだけで楽しかった。愛好会員みんな水槽に入れて、行動とか関係性とかを観察してみると面白そうだ。うーん、でもそれはそれで寂しいな。


朝。ピアノを弾く。曇りの日の、電気がついてない部屋の雰囲気が好きだ。夕暮れと同じ、空気の止まる感じ。やる気も出たし、早く卒コンの楽譜を買わないと。


ねむいねむいとけるとける。世界みんながスライムになって一つにとけあう話、なんだっけ。やりたいことはたくさんあるけど、やり残したことってあんまり無い。ひとまずボリビアに行くまではお金を貯めよう。

一番怖いのはディスコミュニケーション、耳も聴こえないし口も回らない。なのにただ相手の嫌そうな顔だけが見える。そーんなのーはいーやーだー♪だからリハビリ。忘れた痛みを思い出さなきゃ。


占いなんて、と思いつつbluebeetleのとこに落ちてたいぬ占い。わたしゃ宇宙犬ですってよ。ようするにハッキリしない性格だと。言われんでもわかっとるわー。

占いと言えば、Kが以前、「非科学的であるはずの血液型占いが"当たってる気がする"のはなぜか?」という問いを投げかけていた。一つは、自分に当てはまるものだけを抜き出して記憶するからかな。「マイペース」「部屋が汚い」「気分屋」なんてのは大体の人が多かれ少なかれ持ってるもので、同じ血液型同志で話した時に、「そうそうオレもマイペースなんだよ」と共感を呼ぶことで、より血液型占いの信憑性は補強される。あーねむい落ちます。

バーゲンボーゲン 

夏、それはバーゲンの季節。
物欲に狂った獣達が血を啜り、腐肉を貪る季節。

そんな夏と、獣と、つくばセンター。


買ったもの:
グレーのパンツ;¥4000
水玉ネクタイ;¥3000
ベージュの偽革靴;¥5000
よりどり靴下5足;¥2000
秘密の変身セット;¥4000
食欲に狂った獣料金;¥1000

節約の誓い;priceless


今日は七夕だったんだね。Q'tの中に短冊を吊るしたササがいくつかあった。一般客が書いたものらしく、赤裸々なプライベートライフと、それに対する願望をつづったものが多かった。覚えてるのはこれだけ。

今年出会って
   来年結婚。

あふれでる悲壮感と切実感とやるせなさ、そしてその他諸々の渇いた何か。そうだよね、みんな幸せになりたいよね。社会的バイアスを受けることなく誰かと出会って、一緒に幸せをつくりたいよね。あたくしの周りじゃ、結婚願望なんて依存心丸出しのドリーマーみたいな扱いをされてますが、そんないじめんといて下さい。

まあ、アンチメイジャーをわざわざ口に出して言うのはかっこ悪いのであんま言いませんけど。世間じゃ結婚願望ある方が多数派だったりするしね。マイナー指向って、無個性人間が陥り易い罠だ。

海虱 

桜の不動産屋にこんな物件があった。



間取りはこんなん。家賃は36000円。



知り合いで転居先を探している人がいたら、巧いこと言いくるめて住まわせましょう。人気者間違いなしです。わしも管理人さんいるなら住みたいけど、履歴書に住所を書けないよ。いや、むしろ有利に?


月に一度、恒例のフナムシ狩りへ。曇りだったせいかそこまで速くなかった、とは先輩の弁。実際は春の時の2倍は速かった。岩場じゃ勝ち目が無いのでコンクリの上に追い込む漁法を用いる。

一時間ほど3人で粘ってこれくらい取れた(グロ画像注意)。めちゃくちゃでっかいのを捕まえたので、今度その画像も持って来ます。

フナムシって英語でsea liceらしい。どっちかって言うとsea cockroachだと思うのだが。どっちも動きが速いし。だから先生に、フナとGのどっちが速いのかというテーマで卒論を書きたいと言ったんだけど却下された。確かに、"速さ"というのは数値だけでは表せない。なぜ"速く感じる"のか、という問題と切り離せないから、科学に主観を持ち込むことになる。


無人島で遭難して一つだけ持ってるとしたら何かなあ。ノートと鉛筆があればそんなに退屈はしないんだけど。でも布団と枕も欲しいし……、ってどれも1セットで厳密には一つじゃないな。パソコンも……いや、それじゃ今の生活と一緒だ。




やっぱ東京はいい。街中には住みたくないけど、団地とか路地裏とか商店街とか、物と人が雑然と詰まってる感じがノスタルジックでいい。大学の宿舎にも近いものがあるな。もういっぺん宿舎住みたい。

含ヒ素 

研究室の戸棚の中で十数年間じっくりと熟成させた廃液を処理していたら洋服についた。一番の年代物である1993年の含ヒ素有機。リポビタンDみたいな色をしている。他にも蛍光オレンジやアメフラシ汁みたいな色したのがあって、どれも有機溶剤特有の脳味噌とろけるようなニオイがプンプンしていた。

あたくし、服は無駄にたくさん持っているけど、安いのばっかで気に入ったのはあんまりない。今回の件で数少ないお気に入りの服が一つダメになったということで、近々バーゲンに繰り出す予定。アナスイの服欲しい。普段買う服よりゼロが一つ多くて、私の薄給じゃどうにもならないけど。アナスイと言えば、日本じゃ化粧品が有名みたいね。公式HPも化粧品を扱ってるのしか無いし。あんなに綺麗なのにマイナーなのが残念。


ねえみなさん暇かい?夏休みだもんねえ。暇でなおかつテレビのワイドショーとかが好きならこれでも読んでみるといいお(僕の離婚バトル~仁義無き戦い~)。左のカラムにある"カテゴリ"の一番上から読み始めてくだされ。

内容は浮気した妻との生々しい争いを夫が書き綴ったもの。この妻がそんじょそこらにはいないくらいぶっ飛んだ人で、夫の方も優柔不断で自己主張が弱かったりしてイライラするんだけど、下世話でおもしろい。結婚生活や法律について色々と勉強になるところもあったり。

こんなのを読んでて徹夜したりできる自分の素質が憎い。

北朝鮮 ミサイル 

ほんとはこんなことはチラシの裏にでも書くべきなんだろうけど、今回のことについて一学生はこう思ってるんだよ、というのをウェブ上に残せたら、ということで書きます。


一連の北朝鮮ミサイル問題についての僕のスタンスは、多少不安に感じはするけど、やっぱり「テレビの中、新聞の中ののできごと」という認識だ。北朝鮮が戦争をしかけるとしたらアメリカで、日本なんて戦争しなくたってゴネれば金くれるんだから、実際にミサイルなんて撃つ必要なんて無い。逆に撃ったら北朝鮮は世界中からそっぽを向かれて窒息死する。

僕はまだ、そういうことを北朝鮮が解ってると信じてる。それでも下手に刺激して追い詰めたら多分撃つだろう。撃ったら、アメリカから買ったミサイル迎撃システムは成功率が低いらしいので被弾は免れない。

僕はまだ北朝鮮のずる賢さを信じているので、一連のミサイル問題も、北の示威行動に日本がどれだけお金を払うか、という問題だと思ってる。北朝鮮が本当に日本にミサイルを撃って、それが着弾して大切な誰かがいなくなる、なんて想像力は働かない。

ただ、一連の問題でそういう想像力がある友人たちがすごくナーバスになっていて、そのことは凄く嫌だ。大切な誰かがいなくなることは想像できないけど、大切な誰かが悲しんでるのを悲しむくらいの感情はある。


これから政府がどういう対応をするのはか解らない。たぶん、今まで通り少しずつ話し合いをして折り合いをつけていくんだと思う。少しずつお金をあげながらなだめすかせる、という。

でも、正直釈然としない。殆ど税金を払ってない僕が日本の財政について口を出せる立場ではないことは判ってる。けど、なんであんなヤクザにお金や食料をあげないといけないのかという思いもある。

とは言え、戦争なんてできるわけがない。9条の遵守がどーのというより、僕は銃もって戦場にはいけない。多くの日本人もそうだろう。

だから、情けないけどアメリカがなんとかしてくれたらいいな、と思ってる。ヤクザな北朝鮮に少しずつお金を払うか、ジャイアンなアメリカに一気にお金を払うか。アメリカの軍人が死んでも、知らないフリをすれば悲しくなんかない。何も知らない北朝鮮の子供たちがある日突然爆撃されても、テレビさえ見なければ何も思わない。自分の周りには、アメリカの軍人や北朝鮮人の知り合いを持ってる人は(多分)いないから、自分の半径2mが幸せならそれでいい。やっぱり、それが本音だ。自分から遠い他人のことなんて、今だってアフリカでは誰かが飢餓で死の縁にいるのに、気にしてなんかいられない。

(昔、ジェンダーの本で「知らないことは罪じゃない、知ろうとしないことが罪なのだ」とあったな。確かに罪だが、誰が罰せられるというのだ)

ただ、日本が関わらないにしたってやっぱり戦争は嫌だから、今の日本のやり方を責めることはできない。

理想は、当たり前だけどみんな仲良く世界平和。それでも大人の事情で何かを切り捨てないといけないなら、自分に関係の無いものから切り捨てて欲しいと思う。まあ、これも当然かも知れない。


そんなわけで乱文極まりなくて申し訳ないですが、チラ裏は終わります。

ボリビアンナイト 

ボリビア行きてー。ウユニ塩湖で空に挟まれて死ねるなら心残りはないよ。














ようつべ映像 いやされるなあ。


まったく、なんでどいつもこいつも幸せになれないんだろう。



そうできるんなら そうしたい
もしできないんなら どうできる?
できなきゃできない できるかね?
きみもできなきゃ できぬはず
それともきみは できるのか?
できずにきみは できるのか?

<マザーグースのうた第2集(草思社)より>

「女ってのはわさびやからしみたいなもんで、主食はやっぱり男でしょう」 

約3週間ぶりくらいに朝の散歩を決行。強すぎるUVにビクビクしたり、ジャージの股間に穴が開いてたりであんまり風景を見なかった。会話もブーンしか言ってない気がする。おれたちヴィッパー、頭弱い。

なんだけど、今日の午後の面接に提出するESがほぼ白紙。またTXで書くのかと腹を括っていたのだが、Aが手伝ってくれることに。文章構成がなってないと、原稿に散々ダメだしをくらう。どうでもいいけど"原稿"が"原口"に変換されるなんて生物学類生の鏡ですな。でも今学期の獲得単位はゼロです。てへ☆

そんなわけで原稿は完成するも、清書が終わらずやっぱりTX。各駅停車の方が止まってる時間が長くて書きやすいという新発見。


面接。面接官がかなりフランクなおっさん。現代の若者像について訊いてきたので、「要するにめんどくせえんだよ」的なことを熱く語ってみた僕はニート予備軍。ゆるく説教くらうもその場で合格。この会社、住居費&交通費を全額負担してくれるらしいですぜダンナ。


その後18:00のバイトに直行して2:30に解放。一年前はこれくらい余裕だったのが今はヒィヒィ。地球の重力増えてね?なんか立ってるだけでHP削られてくんですけど。ほんと二十歳過ぎると体力ってぴるぴるみるみる落ちる。

そういやバイトの相方に聞いたんだが、茶道には表千家と裏千家の他に武者小路千家ってのがあるらしい。なにその空気読んでない自己顕示欲。なあ武者小路。


バイトが終わったのはいいんだけど、センターからスパーまでバスで来たから桜まで徒歩。それはだるい、ってことでこっそりみぬりさんの家の前を通ると明かりがついてるじゃございませんかグェッヘッヘ。自転車を借りるつもりが車で送ってくれることに。なんて神々しい。使っといてなんですが、過労死には注意して頂きたい。

そして今四時半。あんなに酷かった睡魔はどこへやら。あと数時間後には集中授業だというのに。


日記のタイトルは、「女好きな女が多くて男は商売あがったりですよ」という僕の愚痴に対するAの名言。いや、名言っぽいだけで要するにロクデナシのブルースなんですが。

萌着色 

浅葱色はとても綺麗な色で、言葉の響きも美しい。その浅葱色が若いネギ(葱)の色だと知ったとき、なんというか、とても損した気がした。

世の中知らなくていいことがたくさんあるなんて今更ですけど、たとえ知ったとしても、社会の闇が見えるとか人間の負の部分を知るとかいうマイナスを得ることもなく、ただ単にがっかりするだけのダメトリビアってけっこうある。

あのカンパリが人の名前で、日本で言うなら「平野さん」という意味だっていうのも、自分にとってはかなりのダメトリビア。

まあ他には思い着きませんが。


明日は面接だからと髪を切りに行ったら切りすぎてかわいくなくなった。ショック。早く就活終わらせて髪のばしたい。そしてゴス服着たい。


バイト中、客もいないし相方も休憩入って暇だったのでヘディングの練習をした。陳列棚と競り合いながら、天井から吊り下げてある広告板の下でジャンプ→思いっきり頭を打ち付ける。テンション激増。かなり楽しい。ばかばかしいと思うかも知れないけど、その辺の洗濯物とか電気のひもとかでやってみそらしど。着地に失敗して過剰に痛がるとかも楽しい。


アナ・スイの服を着たモデルの写真集を衝動買い。なぜか平スパに売っていた。この店の仕入れ基準はいまだに謎だ。

アナ・スイがジョジョキャラじゃなくて服のブランドだなんて今日まで知りませんでしたが、かなりいいねこれ。写真集のコンセプトの影響もあるんだろうけど、デザインの世界観が独特で、色使いも油絵っぽくて好きだわあ。魔女みたい。暗黒とか呪術とかの魔女じゃなくて、ジプシーみたいな魔女。ところどころゴシックやロリータのエッセンスが入ってるのもいい。ファッション誌って意外とおもしろいのかしら。


総合WEBサイトのエキサイトを利用する機会なんて他人の検索ワードが閲覧できるサーチストリームぐらいしかないと思いきや、なかなVIPなことやってやがる。

栄養ドリンクで炊く「ビタミン飯」を作ってみた!!
  なんのメリットがあるのか激しく疑問。
栄養補助食品・サプリメントで料理をしてみた(サプリメントチャンプルー)
  これが究極の健康志向というやつか……。
Excite Bit コネタより)


面接に持っていくES書いてないけど激しく眠い。うげらー

ニートたけし 

朝起きたら水道が止まってた。もしや以前住んでたアパートの未納分でやられた?なんか姉ちゃんが仕事に行けないっつって怒り狂ってるし。やばす。

と思ったらマンション全体で止まってるらしい。どしゃぶりの中、外に出て水浴びしてる住人発見。なにこの民度の低さ。連絡して一時間ほどで復旧した。


ワールドサッカー板より

W杯F組4チームを自分の得意分野の何かに例えよ2
1 名前:2006年まで名無しさん 06/06/20 14:56 ID:6M5OjRMw
ブラジル⇒
クロアチア⇒
オーストラリア⇒
日本⇒

198 :2006年まで名無しさん :06/06/23 09:12 ID:vzKoUd32
ブラジル    ⇒ゴッホ
オーストラリア ⇒ピカソ
クロアチア    ⇒ダリ
日本      ⇒しょうこおねえさん

263 :2006年まで名無しさん :06/06/25 21:31 ID:I1kx2CM6
ブラジル    ⇒ユリ・ゲラー
オーストラリア ⇒セロ
クロアチア    ⇒Mr.マリック
日本      ⇒エスパー伊藤

266 名前:2006年まで名無しさん :06/06/28 10:45 ID:RmSnkBY2
ブラジル    ⇒マリスミゼル
クロアチア   ⇒ラクリマクリスティー
オーストラリア ⇒ファナティッククライシス
日本      ⇒シャズナ


むしろブラジルがしょうこおねえさんかと。往年のV系四天王、今生きてるバンドは一つだけか……。


のび太vsドラえもんFLASH応募の締め切りが6/30までだったのが7/31まで延期された模様。作ってる人が間に合わなかったみたいね。待ってる側としては文句言えないけど、一ヶ月先とは遠いなあ。中間発表を提案してみようか。関係ないけど細本数子の占いでドラえもんだった。