fc2ブログ

11/29 

冬のにおいはなんのにおい?

春のにおいは眠気のにおい

夏のにおいは夕立のにおい

秋のにおいは洗濯物のにおい

冬のにおいはなんのにおい?

冬にはなにもない気がする

でも冬のにおいが一番つよい!

冬のにおいは冬のにおいだ!
* * *

口と瞼を閉じて、鼻から思いっきり空気を吸い込むと、
何か色々と思い出します。

もう感覚だけしか残っていなくて、いつ、どこの記憶なのかということが
全く思い出せないものもあります。

今日は高校時代のことを思い出しました。
多分、他校の演劇部の部員と会って、母校の中を案内した時の記憶です。

もう顔も覚えていないし、連絡先も判らないので、
そのうち忘れてしまうのだと思います。

これから消えていくと思うと、少し寂しい気もしますが、
こうして書きとめたことで、忘れないかも知れません。

まあ後ろばかり見ていても仕方無いので、前を見ます。
とりあえず目標は明確に、歩みはぼちぼち。
置いていかれるのは、少し寂しいですけど。
スポンサーサイト



写真日記2 

特に日々は変わらないので。
more

L'Anniversary 

今年でラルクはデビュー(?)15周年。タイトルの恥ずかしい文句は"公式の"単語らしい。

で、その記念すべきライブに行くことになった。クラスメートのK澤氏に余ったチケットを4200円で買わされる。定価が8000円なので、お得といえばお得。

漫画喫茶を10時に出て、その後16半の集合までひたすらジプシー。せっかくなんだから遊べばよかったんだけど、眠くて眠くて、その辺のソファでうつらうつらしていた。

そしてL'Anniversary。K澤氏と、その母、そして彼氏と、一家丸ごとラルク好きですかそうですか。てか人大杉。駅員が放送でライブ客を誘導してるのなんて初めて聞いた。ダフ屋の取り締まりに警察出動してるし。プラとはスケールが違う。55,000人を動員するそう。

55,000人って、つくば市の人口は200,000人ですよ。四分の一ですよ。その四分の一が、8000円出して(遠方からなら数万)ライブに来るほどラルク好きなんですよ。すごいよね。東京ドームの周り一面、人、人、人。地面が4cmくらいへこんでたんじゃないか。ちょっとこの辺から、色々と予感はしていた。

で、ライブ。覚えてるセットリストは以下(順番適当)。
英語めんどいので略式。
・アベニューカフェ
・ビビッドカラーズ
・カレス ビーナス
・ライゼン
・夏の憂鬱
・オールデッド
・ホワイトフェザー
・トリック
・メトロポリス(!)
・シャウト デビル
・ピーシーズ
・ハニー
・メドレーでメインシングル
・DUNEの曲(たぶん)
・瞳の住人
・レディーステディ
・自由への招待
・新曲
・ニューデイズ
・リンク
・虹(ラスト)

個人的になんでやんねーんだよリスト
・sell my soul
・LORELEY
・Singin' in the Rain
・賽は投げられた
・forbidden lover
・茨の涙
・風の行方

*個人的感想
more

冬東京 

消えやがった……書いた日記が全部……。最近Sleipnirちゃんの調子が悪いわ。アップデートを拒否したからかしら。


この日はあおのがラルクの15周年を祝いに神戸から来ていた。東京でランデブー。

会うのは一年ぶりくらいか。相変わらずきれいだわあ。前回よりお化粧のレベルが上がってるような。女の人は変わるねー、男は変わらないネー(最近やーもんは服にお金をかけてるらしい)。未だに入学当時の服着てたりするヨー。
個人的に、髪の長い女の人が、マフラーを強めに巻いて後頭部の髪がぽこんと膨らむのが好きです。

東京案内。しかし上野付近で迷う。駅でけーよ。東京藝術大学美術館でユニバーシティ展を観た。……予備知識ないからワカンネ。もうちょっと調べとけば良かった。仕方無いので、あおちゃんに狩野永徳のすごさについて解説してもらった。やっぱり博物展は解説があるほうが楽しい。

夕食はキリストンカフェとかいうジャパナイズされたゴシック&教会風のところへ。高校時代の(主にあおのが)暗かった話などをする傍ら、「扶養家族だから住民税は払わなくていいのにNHKの受信料を払うのは矛盾してる!」とか、「キリストが現代に生まれてたら芸術家になってたと思うよー」とか、「神戸のギャルはイケイケですぜ」等々の話をあおのがして、聞いてて楽しかった。しかし自分は何を話したか覚えてない。多分、眠いとかお腹いっぱいとかそんなん。

ホテルへ送りつつ、部屋までついて行こうとしたら(行くな)、フロントで止められた。帰りのバスが深夜料金で割り増しだったので、ついカッとなって乗り過ごした。そして仕事帰りにマックで時間を潰していた土井さんと飲む。

物理の話をしてもらう。"場"とは何か、温度場や電場は、何をもって場と言っているのか。構成粒子の問題ではないらしい。場は普遍的に存在する形而上の概念なのか。説明は理解し切れんかったが、「場の空気を読む」という科白で使う"場"と、ニュアンスは同じだと言っていた。

あとは宇宙は広いネーとか、人間に関わるって難しいネーとか、そんなん。

そのまま巣鴨の漫喫へ泊まる。最強伝説黒沢がおもしろい。

bu-bu-be 

髪を切った。前回は「女の子っぽくしてください」と頼んで、「髪短いから無理」と言われたんだが、今回はなんとか努力してくれた。「正直きもいな」という心の声は当たり前のようにあるので、親切な美容師さんが色々アドバイスしてくれるのに、反応に困ってしまった。

でも結局、声と仕草をなんとかしないとどうしようもなく、それらこなすには、特に知人の前では羞恥心が強すぎる。

そして、するする言ってて周りの期待を無駄に煽るのは申し訳ないので、もうしないことにする。

* * *

さみーな。今日も解剖神は降りて来ず、実験はうまくいかない。飯でも食うかと思ってbluebeetleを誘う。先週あたりから内なる角ふじゲージが減っていたのでminukiさん、もみじさんに頼んで角ふじ分を補給しに行った。

blueとminukiさんは角ふじ初体験。にんにくの集中砲火にあい、炎上。煙草とにんにくの相性は最悪だということが解った。

帰りにドンキホーテへ。客がDQN、ギャル、チャラ男、お姉系ばかりで、店員はさぞかし大変だろうと思った。店員は意外にいい人が多い。


帰りの車の中で、「子供扱い」に関する話が出た。その時はうまく言葉にできなかったので、今考えてみる。個人的に重要なことでもあるので。

と、思って長々と書いたんだけど、まとまらん。無理。配慮しなきゃならんことが多すぎる。

一般論じゃなくて感想だけ言うと、「常識が無い」「知識(技術)が足りない」等の客観的なことについて子供扱いするのはリーズナブルだと思うんだけど、個人の考え方や価値観を子供呼ばわりするのは傲慢だと思う。よしんばその考え方が幼かったところで、それは自分で気付くことで、他人に干渉されることじゃないないと思うんだよなあ。で、その傲慢さに腹を立てるとまたまた、「子供だね」と言われたなら、頭に血が昇るみたいな。

原点に帰って、「子供」はマイナスの意味じゃないと言われたらそれまでですけど。「子供」をマイナスの意味に捉えるのは、自身が子供で脱却したいからと仮定すると、確かに子供と言われて怒るのは子供だ。けどそれは理屈の上のことであって、そういう理屈をふりかざして、人の嫌がることを軽口で言うのはいかがなものかと。

考えれば考えるほど、「自分大好きでFA」としか浮かんで来ない。

* * *

その後。荒廃しきったblue亭でほうじ茶を飲んで帰る。で、日記書いてたら6時だよ!いやほんと人に意見するのって難しい。

11/23 

くちびるがガサガサしはじめた。
もしものことがあった時のために、
リップクリームを買った。

         *

バイト中、トラックの運ちゃんが、
ぬるぽ ってなんだと聞いてきた。
……ガッ…………。

         *

まだ朝は遠いバイトの帰り道、
 げんなり という店を見つけた。
よく見ると はんなり だった。

         *

毎日毎日、どこかで誰かが再生産される。
 新発売 のシールが貼られたオニギリは、
2ヶ月後に 和風 の冠が着いてまた発売される。

         *

オタクたちが3次元は嫌いだと言っていた。
 西へ西へ、ずっと行っても、
どこにも辿り着けないから と、嘆いていた。

         *

ただ一つ、進む道を指し示してくれるもの。
重力。
ピザを食う。ピザを食う。

         *

波間で浮き輪がくるくると回る。
沖と陸と、空と海の中心で、浮き輪は
自分の目が、どこについているのか知らない。

         *

やがて既視感で飯を食う。

てってれてれれれ 


more

大好きっ大好きっ人間大好きっっっ!!!!! 

http://www.takamagahara.com/printin/
ぷり~んぷりんてぃんぷりぷりぷりんてぃんぷりぷりぷりぷりぷり~んてぃんぷり~んぷりんてぃん♪♪♪

http://www.kajisoku.com/archives/eid622.html
ル・ラーダ・フォルオル!!
フェルエリア・フォン・エターナリティ!!!

 電電電電電電電
      電
電電電電電電電電電
電 電  電 電  電
電  電 電  電 電
  電電電電電電電
  電   電   電
  電電電電電電電
      電      電
      電電電電電

波      波
 波  波波波波波波
     波  波   波
波   波波波波波波
 波  波 波  波
     波  波波
 波  波   波
 波  波  波 波
波  波  波   波

雨でダンゴムシがいない 

みぬきさんとこから、恋人バトン
恥ずかしながら暴露します。

絵日記2 



厨臭いのは仕様。フィルタをかければそれっぽい感じになるからすごい。

絵日記 



いろんな人がいる。
more

11/16後半 

あのまま徹夜するはずが寝てしまった。徹夜はもうしない。
と、いつも言うだけで実行できないので、もう自分になんの誓いも立てない、という誓いも立てない。思いつきなんとかなるなる。なるといい。

今日はいそにとりる君と夕飯を食べた。味平か味吉かどっちかで。互いに近況報告などしつつ、やはり気になるのは他人の進路。とはいえ、どっちも友人が多いほうではないので、近いうちにクラスで飲もうという話に。この前アビとサトシと鍋した時にも話が出たな。学期末あたりに企画しようかねえ。未だに授業取ってる人もいるみたいですし(笑)

実験の方は、眠気で集中できず。ワラジムシの解剖はうまくいくのだが、それより数倍大きいダンゴムシの解剖がうまくいかん。心拍数の測定も安定しないし、根気との闘いだ。


こんなの見つけたので貼っとく。
暴君ハバネロ | 暴大入試
正しく外道……

11/16 

霧と朝やけで、空が白紫に染まって見える。ああきれいな。
たばこもうまいぜ。

* * *

1日のうちでどの時間が好きかって訊かれたら、朝方と夕方だって答えるよ。
この二つは、向こうからやってきて、そして帰っていくんだよ。
ずっと部屋でネットしてると、気付いたら窓の外が明るくて、あーもう朝かーなんて思ってるうちに、部屋の電気と外の光が同じくらいの明るさで繋がる。すごく部屋が広くなったみたいな気がする。
でも電気がもったいないから重い腰上げてスイッチを切ると、途端に部屋が暗くなる。あの陰影の降りる瞬間が好きだなあ。コントラストの強いものって鮮烈だわ。
なんだけど、陰に埋もれてキーボードパチパチやってるうちに、だんだん窓から部屋の中まで明るくなって、さて今日は学校どうしようかな、なんて気分にさせてくれる辺り、引き際を心得てると思うの。
しばらくすると、姉ちゃんが起きてきて、お湯の設定温度を、昨日僕がシャワー浴びた時の42℃から、顔を洗うための37℃に変えるピッピッという音が響いたりするんだよ。

おお、隣のマンションが赤橙色に染め上がっていくよ。淫靡だね。中の人はとても淫靡だ。淫靡って言いたいだけだけどね。

* * *

昨日は寝たら気合がどこかに行っていたので、今日こそ気合でなんとかするよ。気合気合言い過ぎてゲシュタルト崩壊起こしてきたぜ。

気合だ気合だ 

今日は気合でなんとかしなきゃいけない気がする。とりあえず寝よう。

11/13 

年下の青年から熱烈に愛される夢を見る。
なんだこのもてないOLが見るような夢は。

専門学校に入学するシーンから。教室が、中学一年の頃の隣のクラスの教室だった。
年下ばかりで話が合わないから、一人でいたらいじめられた。
そしたらなんか知らんが頬もばら色な若人に助けられ、手を引かれて学校を脱出。
駆け落ちみたいな展開になる。

しかしそこは高校生(相手)、お金がない。一つのコンビニ弁当を二人で分け合って食べることに。
申し訳なさそうな顔をしながら、「ごめん」と謝る彼を見て、思わずお姉さんもキュンと……

なるかよ。
なんだこの今どき韓国ドラマでもやらないベタ展開。ロマンスの神様でも乗り移ったのか。

そういや夢は欲望を反映すると言うよね。安心したまえ、ここを見ている男性諸君。
「べ、別にアンタたちのことなんか好きになんてならないんだからねっ!!」
いや、一応言っておいた方がいいのかな、と。
めんどくせえな。

でも愛される幸せっていいわ。

* * *

前々から探していたスーファミのソフト、『カービィボール』を発見。英語表記だと、"Kirby bowl"と書くらしく、ずっと"Carby ball"だと思って検索してた。

何はともあれ、このゲームは神ゲーです。システムはゴルフに近いんだけど、カービィゲー特有のコピー能力もあり、パズル要素が強くて頭を使う。

参考動画(ようつべ)
ようつべに挙がってるのはどれも神技なのですべてホールインワンですが、基本的には3~5打ほどかかります。

とは言え、クリアーする方も確かに凄いんだが、恐ろしいのは作った方だ。ステージ構成、初期位置、敵の配置、トラップの配置等、綿密に計算されている。かと言って縛りすぎてるというわけでもなく、解法の自由度は高く、初心者でも楽しめる。こういうゲームを見ると、やっぱ任天堂はすごいと思う。"ゲーム"を作ってる。

11/12 

昨日はクラスの友人達と鍋&飲み会。
自分以外の二人は、日々の研究に疲れてウダウダしていた。
早く研究の愚痴とか言えるようになりたいわあ。

そのまま酔っ払って雑魚寝。寒かった。

* * *

今日は夕方から演劇を見に行った。劇団筑波小劇場『montage,』。
劇は個人的に残念な感じだったので、人はなんで創作するんだろうなあということを考えていた。今回の劇のテーマである、「記憶に対する疑念」も、ストーリー自体も、探せばどこかにもっと良い脚本があるはずだ。それでも自分で書くのは、あくまで自分の感性だけを表現したかったのか、単に既作を探すのが面倒だったのか。

それとも純粋に作るのが楽しいからだろうか。なんで楽しいんだろう。理由なんて無いのかしら。自己確認作業?まあ、人それぞれか。どうでもいいぜー。

* * *

ここ数日はめっきり冬の匂いがする。日が暮れた後に外出してその匂いを嗅ぐと、なんというか、何か不思議なことが起こりそうな、期待と不安が混ざった気持ちになる。具体的に言うと、街から人がいなくなってモンスターとか出ちゃうような逢魔の刻を感じる(ゲームのやりすぎ)。幼い頃から剣と魔法で育ったので。

現実世界ものなら女神異聞録ペルソナとか、ファンタジーものならフォーチュンクエストとか、リアリティがあって良かった。思い返したらわくわくしてきたぜー。

* * *

楠さんの元同居人さんからキャベツが届く。でかい。ほんとに赤ん坊が入ってるんじゃないかと思うくらいでかい。

↓写真。頭の2倍くらいあるよ!


you may... 

あーねむい。たくさん昼寝したはずなんだが。夢のせいで熟睡できなかったのかしら。

昼間、ものすごく眠い時に横になると、変な夢を見る。

目を閉じてると、徐々に眠りに入っていくんだけど、ある時から、布団の感覚とか、外界からの刺激を感じなくなって、でも意識だけはある、みたいな。目の前の暗闇が、まぶたの裏側なのか、夢の場面なのか判らなくなる。

この状態の時に夢が発生すると、その夢の中で自分が意識的に動けたり、自分で好きな夢を作ることができたりする。と言ってもすごく大変で集中力がいるんだけど。こういうのを明晰夢と言うんだろうか。

そういうことが何度かあった。最初は意識だけだったのが、徐々に夢の感覚もリアルになって、今日は自分で動かせた。音楽が鳴っていたので、それに合わせてピアノを弾こうとした(この辺の動機はまだ操作不可)んだけど、気付けば指揮棒を振っていた。

次に自分で夢を作ろうと思って、とりあえず起き上がって家の中を歩いたりした。一瞬、ほんとに覚醒したのかしらと思ったけど、覚めようとしたら布団の中で目を覚ましたので、やはり夢だった。


今日は臨時でバイトだった。帰りにみのりさんに出くわした。スウェットだった。サークルの二次会で、『耳をすませば』の原作を読んだ。タイトルの意味がやっとわかった。映画と同じように、忘れていた夢を思い出した。

夢で人は生きたり死んだりする。

 

ほしいいいいいいいいーーー!!!

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200611080056.html(元ネタhttp://tuch.blog66.fc2.com/blog-entry-553.html

コムニケーソン 

mixiニュースのトピックにあった「ねんきん定期便」を、「粘菌定期便」と読み違えて神速でクリッケしてしまった。「毎月様々な種類の粘菌をアナタの玄関までお届けにあがります!今月は紅葉に負けず劣らず鮮やかに色づいたウルワシモジホコリです!!」みたいな。あるわけねー。


私が粘菌好きなんて、たぶん殆どの人は知らない。粘菌に限らず、自分が何を好きで、どうしてそれが好きなのか、そういうのを人に伝えることってあんまりしてないような。というより下手。

例えば人に物を勧める時、「これはこういうところが面白いと思う」と相手に伝えることができれば、相手の興味を喚起できるかも知れない。好きなものを他人と共有できるってやっぱりいいものね。

私の場合、感性で解れ、としか言えん。が、人が何かを好きになる時、実は感性の占める割合なんてすごく小さいんじゃないか。大部分は思い入れとか、憧れとか、自己陶酔とか、破壊欲求とか、そんな自分自身の中で生成された好意なんじゃないかしら。

だからなおさら、相手にものを伝えることを大事なんだろう。感性は孤独だから。


「感性、感性と芸術家気取りで喚く人間ほど、感性と感覚を混同した凡人に過ぎない」
                               (と、どこかで誰かが言ってた)

拾い物パートなんとか 

なし2さんとこで紹介されてたやつ。

本当に暇過ぎるので捕まってみた(カジ速)

本当に暇過ぎるので捕まってみた?(カジ速)
これだけは見とけwww

スペインでとある日本人の人気が凄い事になってる(あぱっちの雄叫び)
ゼェェェエエエエエット!!!ようつべです。

ちょwww何この電波ソングwwww(カジ速)
ギリギリジンジン♪ようつべですが、mp3もあります。


最近の2chネタにはようつべが増えてきたなあ。ブロードバンド化で、テキスト→画像→動画とバーチャルメディアが進化していくんですね。次はなんだろ。ホログラムみたいなのかしら。


今日も学校行ったよ!ダンゴムシはすぐ丸くなるから解剖が大変だよ!

もみじさんとみのりさんのチゲ鍋にお呼ばれする。野菜がうまい。ラーメンは更にうまい。久しぶりにお腹いっぱいご飯を食べた。

テレビ見ながらお茶すすって雑談って、そういや普段はあんまりしない。
インパルスの堤下を見て、ものすごい痩せと、ものすごい肥満、どっちが受け付けないかという話が出た。限界が果てしない分、肥満の方がキツそうだけど、一年生の時、ガリガリで骸骨みたいな女の人をよく見かけて、あれはさすがに怖かったので難しい。関節だけぼこっと膨れてたりするんですもん。

明日は先輩がバイトでいないので、昼まで寝ます。肌の劣化が激しいのでがんばります。

だーんごーだーんごー 

今日から卒業研究に復帰。一ヶ月ぶりくらいか。
「とりあえずダンゴムシとワラジムシを獲って来い」
と言われ、スコップとタッパーを渡される。

枯葉や石の下を掘り返しながら学内散策。ダンゴムシとワラジムシは地味に棲み分けをしているようだ。初めに行ったワラジエリアで、ダンゴムシが見つからずに「だんごーだんごー」と呼びかけていたら、いつの間にか『たらこのうた』のメロディになっていた。

卒研は先輩が面倒を看てくれることになったらしい。一人で研究してるとすぐにサボりたくなるのでよかった。先生は解ってらっしゃる。

研究テーマは等脚類(ダンゴ&ワラジなど)の心臓神経の光受容の有無。早い話が、心臓を露出させて光当てて心拍数変わるかなあ、という実験。

心臓が光を感知している、という発見は、当時世界が泣いた発見だったらしい。その発見をしたのが、何を隠そうこの先輩である。先輩はフナムシについて深く掘り下げていたのだが、他の甲殻類についてもやってみようということで、今回私がお手伝いすることになった。

「勘弁してくれよと思ってますよね?」と聞くと、
「よく解ってるじゃないか」と返してくれる、とても良い先輩です。気を遣われるのは怖いですから。ほんと僕の人生、人や環境には恵まれてると思います。

でもできれば一人で生きていけるくらいの性格に恵まれたかったです。


*ゆーれー*
幽霊っていると思います?いや、すごくナンセンスな質問をしてることはなんとなく解るんですけど、具体的にどうナンセンスなのか解らなくて困ってます。

幽霊が見えるって人はたくさんいますよね?で、たくさんの(胡散臭い)物的証拠もたくさんある。そういう事実が歴史や地域を問わず存在するということは、当の幽霊の存在もはっきりしていいと思うんです。ニュートリノなんかを研究するより、ずっと人間社会に貢献できると思うんですよ。

なのに、幽霊に対しては未だに本格的な科学のメスが加えられていない。幽霊を扱っているのは、主に心理学()、文化人類学()くらいですが、それらも例に挙げた程度のものです。

これだけ世間でもてはやされている幽霊が科学の対象にならないのは、
(1)幽霊は科学することが不可能
(2)幽霊の科学は隠蔽されている
のどちらかだと思います(この辺から妄想分が増してきます)。


まず(1)の、科学は幽霊を扱えない、という命題について考えてみます。
科学とは、論理の実証であります。具体的に言うと、普遍性と再現性を求められるのです。いつ、どこで、誰が、何度やっても、指示された手法からは同一の結果が出る必要があるのです。

ただ、これはガチガチの理系の場合です。一般に文系と呼ばれる学問では、そう考えるのが「もっともらしい」という推論の集積によって成り立っています。何がもっともらしくて、何がそうでないか、とはつまり、マジョリティ・イズ・ジャスティスなのです。

では、幽霊をどのようにもっともらしく科学するか。普遍性と再現性の観点からみてみます。
まず、時と場所。これは有名な心霊スポットに夜行けばよい。次に、100人ほど霊感があると自称する人たちを集めて、それぞれ独立にその心霊スポットを訪問させる。そこで見えた霊の情報を詳細に記録し、統計を取る。
おおまかにはこんな感じでしょうか。
もちろん、「もっともらしさ」の精度を上げるために、細かい点は詰める必要があります。実験前後は被験者を情報的に隔離して、結果を被験者自身が捏造できないようにしたり、忘れた頃に同じ場所に連れてきて、再現性を確かめるなどです。

しかし、ここまでではまだ誰も納得しないでしょう。なぜならこの実験の「データ」は、あくまで人間の言葉だからです。人間は機械と数字の言うことしか信じません。電場や磁場の変化など、理学的なデータが必要です。
ただ、恐らくは既に誰かが試してるんだと思います。そして有意差が見られなかったんだと思います。こうなってしまえば、あとは悪魔の証明で、新たな観測機の登場を待つしかないわけです。

幽霊を真面目に科学するのは、当たり前ですけど、難しいです。


遅くなりましたが、(2)の陰謀説を考えてみます。
これだけ世間で騒がれている幽霊、きっとどこかで誰かが研究しているはずです。イオンド大学じゃなくたって、もっと有名な大学が研究してたっていいし、少なくとも、何らかの科学的データが広く世に周知されていてもいいと思います。

なのに、テレビですらもそんな実験をやってみようとしない。なぜか。明確ではないが、「存在しない」と誰しもが思ってしまうようなデータが既に出ているが、公表するとオカルト産業が潰れてしまうからであります。悲しい真実として、科学は金にからっきし弱いのです。
もともとその存在を信じる人が少ない現象ですから、余計にマジョリティの前では無力なんだと思います。

天動説に屈したコペルニクスが、この現代にいるのかも知れません。
more

長い日記2 

ご友人をお送りした後、ノープランで着いて来てしまった僕を、再びつくばへ送ってくれることに。本当に僕は何という面倒なことをしてしまったのか。

帰りの国道ホニャララ号線で、道標に"巣鴨"の字を見つける。楠さん達が「土井さんはどうしてるかなあ」という話を始めたのだが、何を血迷ったのか僕は「土井さん呼びましょうよ!」と言い始め、実行してしまった。本当に非常識で申し訳ない。なんというか、あの時はすごい名案に思えたんです。きっとあれ、満月のせい。ちょっと欠けてたけど。

起こさないようにワンギリをしてみたところ、律儀にも引っかかってくれた土井さんを連れて、「どうせだから北千住に行ってさわさんも連れ出しましょう」と言い始めるボケがいる。誰だ。俺か。しかし幸いなことにさわさんは既に寝ていたようで、土井さんにとっては不幸なことに「このままつくば行こうぜつくば!」という流れに、ってもうほんと成仏しろ。

6号を北上する間、土井さんがずっと「川は越えるな!あの川だけは越えちゃだめだ!」と三途の岸辺で叫び続けるのも空しく、車は意気揚々と首都高の下をくぐり抜けたのです。とは言え、さすがに楠さんたちもこの流れは駄目だと気付いたらしく、限りなく千葉に近い東京のデニーズでコーヒーを飲んで引き返すことに。

同居人さんが、職場で朝鮮日報を読みながら拉致という単語を連発しているとか、そういう話。


時刻は6時半。ようやく巣鴨駅で解散。土井さんは自宅へ。楠さん&同居人さんも帰宅。僕は東京見物をすることにした。amiに紹介してもらったcloset-childへ行くため、巣鴨から新宿へ徒歩で南下。迷いながらも約一時間後、大塚駅に到着。さらに一時間後……巣鴨駅に到着……?時空の裂け目にまy子供の頃と比べて方向感覚が衰えた気がする。

新宿→原宿と支店を周ったけど、いいのが無かった。ハロウィンセールでいいのは売れてしまったのだろう。自分の腰の重さを悔やむ。

それにしても原宿の竹下通りは厨とDQNばっかだ。すれ違う人すれ違う人、みんなチューチュードキュン、チューチュードキュンでまあ大変。ピエロみたいな化粧した売り子とか、やたら「nice to meet you」と連発する外人の客引きとか、ドスロリ&コニータ集団とか、没個性なギャル男とか、ここだけ見ると、日本終わったなと思わずにはいられない。

その後帰宅して今に至る。車の中とバスの中で寝たとは言え、昨日の4時からということは37時間寝てないのか。自分にしてはよくやった方だ。おやすみなさい。

長い日記1 

土曜の深夜3時半、気持ちよく眠っていたところに突如携帯のアラームがドッカンドッカン。何事かと思って画面を見ると、「バイト」の文字。そう言えば臨時で入ってたんだ。秋の空よりもキレイサッパリ忘れてた。

バイトのお釣りで珍しい物を発見。

伊藤博文の千円札。明らかに本物の匂いはするんだけど、今まで見たことも聞いたこともなかったので驚いた。1963年発行のお札らしい。

ちなみに裏は日本銀行。


* * *

8時にバイトを上がり、ようやく寝れると思いきや、そう言えば今日はピアノ教室の日ではないか。あとで練習しよう→寝落ち×7を繰り返して、結局当日しか練習してません。卒コンはぐすことshisyamoと合奏するんだと大風呂敷を広げていましたが、無理そうです。ピアノ教室の卒コン用に練習している曲を、愛好会の方でも弾きます。3人合奏は、留年したら来年やります。ぐすこもsyamoも居残りそうなので。

* * *

ピアノ教室で、先生が昨今の履修漏れについてブーブー言っていた。「誰が悪いのかって生徒本人が悪いに決まってるじゃない。だって自分のことでしょ?学生手帳見れば単位のことなんて書いてあるんだから、何もしなかったのは自分の責任でしょうよ」とかなんとか。
先生は小さい頃から自分のことは自分でするよう教育されたらしく、いじめられた時も自分で先生生徒一同を呼び集めて話し合いをしたらしい。

そこまで強い人ばかりではないけど、常識とか正論を盾にとって、自分は悪くないからと言って他人に責任を押し付けるのはかっこ悪いと思う。同じような理屈で、真面目さや優しさがあざとく感じられる時もある。

他人に優しいというのは、自分が牙を剥かないことによって、相手が自分を責める権利を奪う行為だ。仮に相手が自分を責めれば、一方的な言いがかりとして相手の行為を糾弾できる。「殴ったら殴られる、殴らなければ殴られない、一方的に殴られれば、それは相手が悪い」という図式。

僕自身、ずっとそういうやり方をしてきて、確かに責められはしないんだけど、所謂「殴りあった後の友情」的なものは生まれない。喩えが野蛮であれですが、言いたいこと言わずに相手の言葉だけ批判するのはかっこ悪いなあという話。う、話がずれすぎた。

* * *

携帯を変えた!前使ってたやつの、色違いパープル版。3年近く前の機種だからどこにもなくて、オークションで落とした。外装&液晶&基盤交換済みで、ほぼ新品で5000円。安い!

ネットは遅いしアプリは使えないし、音楽も聴けないし何も入って無いんだけど、やっぱりカメラの性能が捨てがたかった。愛着もありますし。

* * *

ピアノ教室からの帰り、自転車のチェーンが外れる。乗車1回ごとにほぼ2脱チェーンな昨今、さすがに直さねばなるまいと、自転車屋に。修理が終わるまでアルパカカフェで待つことにしたのだが、ちょうどいい気温と日射しだったので、テラス席に座った。

この席、ロッキングチェアもあるしオープンテラスだし、以前から憧れてはいたんだけど、目の前1m先が歩道、さらに1m先が車道というかなりネイキッドなロケーション。陽がある内はまだ良かったんだけど、陽が沈むとライトアップされてかなり目立つ。一人だし。O久保さんが通りかかるし。shop99に行くだけだって言ってたのに、数十分経っても帰って来ないし。帰り道は避けられたと思われる。

しかし、勉強もしてないのに、親の金でこんな優雅なことしてる場合じゃないな……もう冬だよ。

* * *

楠さんに誘われて、バターが関わったミュージカル、『CATS』を見に行く。元同居人さんと、なぜかそのお友達にも紹介される。ジャニ友らしい。

感想としては、今までで一番おもしろかった。理由として、舞台装置、衣装、化粧が凝っていたこと、会場が小さくて、歌や踊りに迫力が出たこと、演劇関係者特有の気持ち悪さが、動物の役を演ることでいい方向に出たこと、かな。どうしても生の歌と踊りだけだと、技術力の巧拙が目立つし、会場が大きいと貧相に見えるから。

ただ、個人的な趣味としてストーリーの無いものには最後まで集中力が続かない。最後の方はずっと○×ゲームを引き分け以外で終わらせる方法を考えていたんだけど、このゲームって絶対引き分けになるんだよ。ある程度頭のいい人同士なら。いやね、こういう即席ゲーム系って、一見複雑そうに見えても、じゃんけんで勝った先行が必ず勝てるようになってたりするもんなんですよ。指で足し算ゲームとか、数を言って指を折っていくゲームとか。それが先攻後攻関係無く引き分け、というところが不思議だなあ、と思って。

* * *

その後、楠さん一行と煉瓦茶屋に。なぜこのチョイスなんだろう。3人はずっとジャニーズの話をしていた。お酒を飲んだ。お金は全部払ってもらった。なんかヒモみたいだな……。

その後、友人を東京は阿佐ヶ谷の自宅に送って行くという楠さんに同行することに。今思えばなぜ同行したんだろう。3連休なのに何もしないのは寂しいと思ったからだろうか。寂しさに負け始めたら、人間だめになる思う。

いや、着いて行ったところで、車中はずっと寝ていたんですが。

グ、ガガ……ゴゲギ…… 

小さい頃、梅酒の中に入っている梅漬けが大好きだったんです。年に一度ほど、母方の祖母が造酒用の大瓶にぎっしりと詰めては送ってくれるのを、いまかいまかと楽しみに待っていましたよ。僕はその梅が本当に好きで、いつでもその梅漬けを欲しがったんですけど、酒が入っていることもあり、母はたまにしか与えてくれませんでした。そんな時、いつも夢想したのが、押入れいっぱいに梅漬けの瓶が詰まっているところです。襖を開けるとてかてかとした瓶の質感とともに、ウグイス色をした無数の梅漬けが、見上げるほど高くずらっと並んでいる。そんな映像を想い描いてはゲヘヘ、ゲヘヘと舌なめずりをしている、そんな餓えたチャイルドフッド。

でね、そんな前置きはいいんだけどね、今ね、ものすごく甘いものが食べたいの。でもね、冷蔵庫の中にはね、廃棄のトリプルバーガーしかないの。このね、トリプルバーガーはね、何がトリプルかって言うとね、シーフードと照り焼きチキンとビーフパテの夢幻三聖剣銃士なんてことはなくてね、ビーフ×ビーフ×ビーフのびっくりするほどアメリカンドリームな野菜レスフードなの。

で、そう甘いもの。常に甘いものが身近にある生活っていいよな。とっくりの中の酒を飲み干さなければ無くならない、みたいな甘味があるなら就職するよ!なんだけど、じゃあ何がいいかな、と思ったわけ。で、冒頭の話に戻るんだけど、昔は梅漬けがあればそれで良かった。けれど今はそんなものでは満ち足りないのこのアダルトチルドレン。まるごとチョコバナナかなあとか思ったんだけど、毎日食べるにはしんどい。少しの量でジリ貧のmy sweet bellyを満たしてくれるのは、やっぱりブラックサンダーが鉄壁だと思うわけ。最近売ってるとこが少なくて寂しい限りですが。

全く関係ないけどね、これを見ておくれよ。
ザマギ
随分古いものなんだけどね、このセンスって最高だと思うわけ。
セカイ系中二病もいい加減にしないとって、自分でも思うけどね、明日世界が終わる日がそろそろ来てもいいんじゃないって思うわけ。
どすこーい!どすこーい!

日記 

一年前や二年前の日記を読み返すと、まあ今と大差ない内容なんだけど、やっぱりものすごく青くて痛くて、思い出だけが宝物だ。

なのでまあ日記を書く。

*10/30
おぼえてねーなあ。最近ずっと眠い。生活リズムを戻そうと、昼間は眠くても起きてるように心がけてるんだが、それでも寝てしまう。昼に学校帰りのbluebeetleが来た。ビーフンが好きだとかなんとか。途中で僕が寝落ちして、一瞬目を覚ましたら奴も床で寝ていた。

*10/31
ネットで「コンビニ弁当ばっか食ってたら~」的な都市伝説を聞いて怖くなる。そういや一ヶ月ほど野菜ジュースくらいしかまともな野菜を食べてない。あとは他人の家で与えられた程度か。なので自炊をしようとカスミへ。危うく出入り口のリトルマーメイドに誘惑されかける。久々にキャベツ食ったらアゴが疲れた。

*11/1
居候中のbluebeetle邸でうっかりネットに繋がってしまったので、引き払うことにした。どーせどこにいてもネットするのさー。
バイト中、umlautenが視察にやってくる。補充しろとか廃棄忘れるなとか指示を出し、仕事でもないのに様々な業務を終えて帰っていった。ああいう人間が損をするのかも知れない。


ぐすこぶどりに教えてもらった谷山浩子が清純派電波でおもしろい。
ラララすてきなホステス 夜ごと縦に伸びーる♪


読んだマンガとか
more

コンサート 

サークルで晩秋コンサート。なのだが、受付の係をすることになったので演奏は聴かなかった。黒子になれば聴けたんだけど、受付のが楽だ。

照明係とか黒子の裏方感も好きだけど、受付の静謐とした感じも好きだ。広いホールで椅子を並べて、だらだらと喋ったりしながら日が暮れて夜の肌寒さに移って行くあの感じが好きだ。

開場前に2年のHと少し話した。晩秋という時期は嫌いらしい。寂しさや悲しさを感じるのが嫌なのだそうだ。前向きな人ほどそれを嫌うのかも知れない。学校行ってないと言うと、色々とアドバイスをしてくれた。何か足しになったわけじゃないが、他人を思い遣る気持ちは伝わってきた。彼は教師になりたいと言っていたが、いい先生になるのかも知れない。



関係ないけど、他人の悩みをバカにしたり、なんでも無いことのように言うのは何様なんだ。自分が経験してたり、容易に理解・解決できると思ってたりするんだろうけど、仮にそうでも、要は自分の物差しで相手を測って見下してるだけだろう。相手には相手の悩みがあって、それに深く関わる気が無いなら黙ってろ。と、これは正論で、上のようなことを言いたがる人は