fc2ブログ

sunemono 

終業式が終わってもまだ、殆どの生徒は学校を後にはしなかった。教室では輪を成した仲良しグループが熱っぽく旅の計画を話し合い、廊下では付き合い始めて間もない恋人達が花火大会の予定を合わせ、グラウンドではそうした雑談の暇を与えられなかった一年生達がグラウンドをならしている。彼らは昨日と同じことをしているはずなのに、個々の顔には昨日までなかった眩しさと輝きとがはっきりと見て取れる。それはきっと、「夏休み」という言葉の持つ開放感と、漠然とした期待を抱かせる魔力のせいなのだと思う。

「じゃあ俺、部活あるから」
さっきまで話していた航空博物展の話を打ち切って友人はそう言った。

「ああ、じゃあ水曜に現地で」
そう返答する僕を待たず、友人は駆け足で別れを告げて出て行った。心地よい騒がしさに包まれた教室の中で、僕にだけ一瞬の静けさが訪れる。続いて僕も教室を後にした。

校舎を出ると日射しは想像以上に強く、目が眩んだ。手を額にかざして日陰の方に目を向けると、野球部がランニング前の柔軟体操をしていた。

「おい!ちょっと待て!」
突然声がして、僕はそれが自分を呼んでいるとも解らずに声のした方を向いた。眩しさに細めた目を見開くと、先ほどの野球部の集団から一人、こちらへ向かってくる人影があった。日焼けした顔と腕、自分よりも一回り大きな肩、胸、太腿、そしてあのニヤついた、何か悪巧みをしているようなふてぶてしい笑い顔。

「ジャイアン……」
久しぶりに会う旧友に対して次の言葉が見つからない僕が黙っている間に、ジャイアンはあっという間に僕の目の前にやってきた。
more
スポンサーサイト



男臭い 

gooが泊まりに来ている。男臭い。お絵かきをして遊んだ。

ika.jpg

gooの描いた美少年をトレースしてたら、うまくいかなくて逃げました。
イカ飯くいてえ。

 

sss.jpg


バーミリオン バーミリオン
僕ら鮮烈な赤 新品の絵の具

バーミリオンプール 赤い世界
雨降って溶けた

 

人が他人に干渉する行為、その本質はすべて"攻撃"であり、"略奪"である(*1)。
それが有形無形の相互承認契約を経て、"優しさ"であり、"好意"に変容する(*2)。
無条件のそれらは存在しない。
なぜなら、人間という意識体は、何人にも侵犯されない独立した存在だからだ。

誰かを幸せにしたいと願う者は、そのことを忘れ、"与えることができる者"として傲慢になってはならない。


「うるせえ!! 全部俺のもんだ! 孤独も、苦痛も、不安も、後悔も……
勿体無くってなあ、てめえなんかにやれるかよ!!」

プラネテス Phase 22「暴露」より


*1 これは生物の世界でも同様である。遺伝子レベルで"個"を保とうとする初期生物でも、縄張りを主張する後期生物でも、万人の万人による闘いを繰り広げた初期文明でも、どの実例においても、生物は誕生以来、自分以外は全て環境=適応すべき他者として存続してきた。

*2 ある種の魚類において、交尾はまずメスがオスの縄張りを侵犯することから始まる。何度も侵犯→撃退のプロセスを繰り返した後、最終的にオスはメスを受け入れ、交尾に至る。ジャコウネズミにおいても同様の過程がみられる。

 

日記、日記。あまり日記を書く気がしない。
他人の日記も、なんだか読む気がしない。
隠匿された日記が好きだ。書いている本人の
頭の中が見えるような日記が読みたい。
優しい自己主張とか、どこかの誰かに対するメッセージとか、
自分を保つためのポーズとか、そういう日記は面白くない。
もっと、例えば誰かに対する悪口とか、安易な自己賛美とか、
吐き気がするような自己憐憫とか、そうでなければ
単純に「めしがうまい!」みたいなのとか、そういうのを、
「そういうこと言ってる自分」を演出するためじゃなく、
真剣に言ってる日記が読みたい。そういう場は、
ブログが文化になってしまって、もう2chにしかない。
でも、2chは低俗な内容が多くて無駄だ。
自分の周りの頭のいい人たちなら、きっとすごいことを
好悪を問わず考えているはずなのに。

昔、Kにお前は覗き見趣味だと言われた。どうか知らない。
恥を知らない野次馬心というのは、誰にもあると思う。
多分、みんな言わないだけで、他人が自室で鼻に指を突っ込んでいる
姿を見てみたいと思っていると、僕は思っている。
恐らく、一生見ることのない、他人の排泄の時の顔なんかも、
見てみたいと思う。
同じ理由で、友人が、自分が知らない彼・彼女の知人と話している会話というのも
聞いてみたい。普段とどうキャラクターが違うのか、それはとても
楽しいことだ。

何も考えずに何かを喋りたい。少なくとも僕は友人が大好きなので、
友人の前で何も考えずに喋ることはできないように思う。バカだと思われたくないというのもある。
昔から、イタズラ電話を待っているけど、中々かかってこない。
知り合いはけっこうかかってくることがあったらしい。携帯黎明期とか。

ブログを書くというだけで、やはり他人の目を意識した内容になってしまうし、
じゃあ結局おまえは何が言いたいんだとなると、やっぱりこれもポーズやメッセージや
糞みたいな自己主張なんだと思う。ただ、そういうことは考えない。舌の裏にいつもファックを。


ええと、今日は骨格標本を模写していました。

近況・覚書き 

人形作りはまったく進んでない。むう。

* * *

日記書くのがめんどくさいっつってメモすら作らずに放っておくと、齢22の脳みそは忘れやがるんだよ。そのことは仕事してて痛いほど思い知らされた。ので、行った展覧会やイベントのメモ。殆どの人には興味無い話題で恐縮だけど。
more