fc2ブログ

北朝鮮 ミサイル 

ほんとはこんなことはチラシの裏にでも書くべきなんだろうけど、今回のことについて一学生はこう思ってるんだよ、というのをウェブ上に残せたら、ということで書きます。


一連の北朝鮮ミサイル問題についての僕のスタンスは、多少不安に感じはするけど、やっぱり「テレビの中、新聞の中ののできごと」という認識だ。北朝鮮が戦争をしかけるとしたらアメリカで、日本なんて戦争しなくたってゴネれば金くれるんだから、実際にミサイルなんて撃つ必要なんて無い。逆に撃ったら北朝鮮は世界中からそっぽを向かれて窒息死する。

僕はまだ、そういうことを北朝鮮が解ってると信じてる。それでも下手に刺激して追い詰めたら多分撃つだろう。撃ったら、アメリカから買ったミサイル迎撃システムは成功率が低いらしいので被弾は免れない。

僕はまだ北朝鮮のずる賢さを信じているので、一連のミサイル問題も、北の示威行動に日本がどれだけお金を払うか、という問題だと思ってる。北朝鮮が本当に日本にミサイルを撃って、それが着弾して大切な誰かがいなくなる、なんて想像力は働かない。

ただ、一連の問題でそういう想像力がある友人たちがすごくナーバスになっていて、そのことは凄く嫌だ。大切な誰かがいなくなることは想像できないけど、大切な誰かが悲しんでるのを悲しむくらいの感情はある。


これから政府がどういう対応をするのはか解らない。たぶん、今まで通り少しずつ話し合いをして折り合いをつけていくんだと思う。少しずつお金をあげながらなだめすかせる、という。

でも、正直釈然としない。殆ど税金を払ってない僕が日本の財政について口を出せる立場ではないことは判ってる。けど、なんであんなヤクザにお金や食料をあげないといけないのかという思いもある。

とは言え、戦争なんてできるわけがない。9条の遵守がどーのというより、僕は銃もって戦場にはいけない。多くの日本人もそうだろう。

だから、情けないけどアメリカがなんとかしてくれたらいいな、と思ってる。ヤクザな北朝鮮に少しずつお金を払うか、ジャイアンなアメリカに一気にお金を払うか。アメリカの軍人が死んでも、知らないフリをすれば悲しくなんかない。何も知らない北朝鮮の子供たちがある日突然爆撃されても、テレビさえ見なければ何も思わない。自分の周りには、アメリカの軍人や北朝鮮人の知り合いを持ってる人は(多分)いないから、自分の半径2mが幸せならそれでいい。やっぱり、それが本音だ。自分から遠い他人のことなんて、今だってアフリカでは誰かが飢餓で死の縁にいるのに、気にしてなんかいられない。

(昔、ジェンダーの本で「知らないことは罪じゃない、知ろうとしないことが罪なのだ」とあったな。確かに罪だが、誰が罰せられるというのだ)

ただ、日本が関わらないにしたってやっぱり戦争は嫌だから、今の日本のやり方を責めることはできない。

理想は、当たり前だけどみんな仲良く世界平和。それでも大人の事情で何かを切り捨てないといけないなら、自分に関係の無いものから切り捨てて欲しいと思う。まあ、これも当然かも知れない。


そんなわけで乱文極まりなくて申し訳ないですが、チラ裏は終わります。

comments

submit_form















管理者にだけ表示を許可する

trackback

this_tb_url
http://albicetus.blog40.fc2.com/tb.php/184-73e37cac