fc2ブログ

ナースエンジェルとかいうのがいたような 

今日は看護・医療科学類で開設されている集中授業の日。看護の学系棟の入り口は学生証のバーコードをかざさないと入れないようになっていた。ナース目当てで来る怪しい人がいるからかしら。自分の学生証が弾かれたので、人が来るのを待ち伏せして後から滑り込む。確かに怪しい。

入ってみるとまさにそこは女の園。うっすらと緑がかった白衣を着た看護学生たちがそこかしこを歩き回っているではないか。びゅりほーわんだほー。なんてことを、もみじさんやshisyamoが言ってても引かれないのに、男が言ってるとそれだけで後ろ指ですよ。なにその指、秘孔でも突きたいの?あべらば。

講義は最初の5分だけ聴いて寝た。寝づらかったから休み時間にロビーのソファーに移動して寝て、起きたら終わってた。人生大丈夫かおれ。


その後ピアノの部屋に行くとM子がいた。どうでもいいけどM子って書くと女みたいだな(男です)。弾いてる内にわらわらと人が集まってきて、最大7人。うぜえ(←ほめ言葉)。みんないつものように楽しそうなのはいいことだが、例によってバターが燃え尽きそうなのが心配。まあ、彼なりに考えてやってるんだろうから、あんまり僕が口を出す問題でもないのだろう。

帰りにM子と平砂食堂でご飯を食べる。くそ、M子が男だってバラさなければ、女の子とデートしてるように見せかけられたのに(デートで平食行くな)。M子はカツカレー大盛を頼んでいたが、それでも足りないらしかった。夢屋やRanRanクラスじゃないと満腹には程遠いらしい。体専の胃袋はバケモノです。


帰り。濃い青をした空に伸びる、黒い建物のシルエットが綺麗だった。青と黒の、二色刷りの世界。

明日は面接。この会社に受かったら就活を辞めようと思っていたけど、最近、少し迷っている。

今の会社は勤務地が選べないから、もしかしたら遠く知らない土地に飛ばされるかもしれない。そしたら友達に会えなくなる。高校から大学に進学する時は、新しい生活に胸を躍らせていたから、離れ離れになる友人のことなんて考えもしなかった。それに、愛媛には実家があるから、僕の居場所はまだある。でも、つくばを離れたら、つくばに僕の居場所はなくなる。友達の家に泊まればいいとか、そういう問題でもなくて、言いようのない、部外者としての疎外感。

だから僕は、今日を誰かと過ごさなくちゃ、と思う。
引きこもってる場合では、ないのだ。

comments

ナースエンジェルりりかですね。

医学系の棟に部外者が入れないのはあぶない薬品とか個人情報がおいてあるからじゃないの…?

でもそれでいったら理学部の研究室なんて全体的にあぶないね。農学部とか。
青酸カリとか砒素とかさくっと盗めるんかなー。推理小説の世界。
  • [2006/07/22 03:16]
  • URL |
  • あおの
  • [ edit_c ]

そう!りりかSOS!よく知ってんな。

うちの研究室にも砒素やフグ毒はあるけど、セキュリティは甘いなー。
でも実際の事件で毒物を使うと足がつきやすそう。
  • [2006/07/22 05:41]
  • URL |
  • 食パン
  • [ edit_c ]

submit_form















管理者にだけ表示を許可する

trackback

this_tb_url
http://albicetus.blog40.fc2.com/tb.php/200-c144bdf3