fc2ブログ

ああ人生は明るい 

拾ったもの市

ちんぽっぽちゃん→(*‘ω‘ *)の壁紙(ハロウィン版)
かわえええ

ぞっとする画像1(右の張り紙を読んでください。ビビリ症の人は悪いこと言わんのでやめとけ)



最近流行りの中二病コピペ
ほんとは高貴な生まれ】―喪ゲ女
あれー?なんかこういう人知ってるよー?
邪気眼にしろ影羅にしろ、なんでこの時期はこういうのに惹かれるのかね。
深夜のバイトが終わって、コンビニの前のベンチで一息つく。一週間ぶりだったせいか、どっと疲れた。休みがてら、携帯の2chでVIPを開く。読むともなしに目を通していると、隣のベンチに人が座った。学生らしき男。何かを食べるわけではく、煙草を吸う気配も無い。彼には目的が無いように見えた。笑われるかも知れないが、僕はその無目的さに親近感を覚えた。寂しかったのだと思う。どこに行くのか、何をするのかわからず、与えられた課題に理由を見出せず、宙吊りになる。あるのは重力とロープが首を締め付ける感覚。重力は生きること、食べること。ロープは自我だ。この二つに引き裂かれ、人は自殺する。

彼が動いた。視線の先を追う。人が手を振っている。そうか、人を待っていたのだ。彼らは連れ立って白み行く空の中を歩いてゆく。ああ、人生は明るい。



comments

submit_form















管理者にだけ表示を許可する

trackback

this_tb_url
http://albicetus.blog40.fc2.com/tb.php/262-997d64fc