fc2ブログ

人魚萌えってないなあ 

ヘイヨー、なあ人魚の下半身ってなんだと思う?そりゃ人"魚"っていうくらいなんだから魚じゃねーの?って思ったそこのアンタ、奇遇だな、俺もだ。でもよ、じゃあ人魚が泳ぐ時はどういう風に泳ぐと思う?イルカみたいに背腹方向に尾びれを動かすような気がしねえか?そう思ったらブラザー、こりゃ運命だね。

だがな、ここで頭のいてえ問題がある。魚は魚類で、イルカは水棲哺乳類、この進化的乖離をどうすんのか、って問題だ。これに答えを出すには、そもそも人魚がどうやって進化してきたのか、ってことを考えなきゃいけねえ。俺も長年考えてきたんだけどよ、ここらでもう一度考えてみようと思うわけだ。チェケラ。

*前置き*
さてと、人魚の進化について考察する前に、そもそも人魚なんて架空の生物の進化を考察することができるのか、って疑問が湧くよな。俺だってそう思う。このことについて真剣に議論したいならよ、きっと世界中から文献集めて来て、「魚に近いぞ」「いやイルカだ」っつー証拠を挙げなきゃいけねえ。

だけどよ、正直それはだるい。可能な限り妄想で補完できれば、それにこしたことはないんだよ。

そこでだ。どういう進化が一番説得力があるのか、ってことを考えることにする。つまり、人魚の進化例をいくつか考えてダメだししていこう、っていう議論だ。正直空論だよな。それでも読みたきゃ読んでくれると俺は喜ぶぜ。


*人魚の定義*
ブラザー、人魚ってどんなだと思う?上半身はヒトで、下半身は魚かイルカか、ともかく尾びれがついた一本の何か、そうだろ?細かい点は人によって違うと思うが、それを決めるのが今回の議論のキモだ。じゃあ始めるぜ。


*ヒト→人魚*
まあ普通に考えてこれが一番リアリティがあるわな。ヒト以外から進化した人魚なんて魚人みてえだもんな。とりあえず下半身の尾びれ化を考察してみるぜ。

水棲に移行する初めの方は、たぶんバタ足だったんだと思う。なんだけどこの泳ぎ方、スピードが遅い。それにバシャバシャと音もうるさい。当然、食いもんである魚は捕まえにくいわな。じゃあどうするか。水泳選手がスタート直後にする泳法で、バサロってのがあるだろ?あれは酸素をものすごく消費する代わりにスピードが出る。流れの隙間を縫うから音も出ないはずだ(この辺かなり適当)。で、これを続けてるうちに両脚がくっついて、指だか足首だかが尾びれになったんだと考えられる。当たり前だと思うかも知んねーが、脚→尾びれってのは後で重要になるからな。

尾びれ化はこれで問題無いんだが、ここで俺のこだわりを言っていいか?人魚ってよ、鱗があるもんだと思うんだ。アリエルは微妙だけどな。けどよ、イルカやクジラなんかの水棲哺乳類には鱗は無いよな?そもそも鱗ってのは魚類が体を守るために発達させた真皮性の鎧だ。防御力は上がるが、その分、体の可動範囲が狭くなる。魚は左右にしか体を曲げないが、哺乳類は違う。だから鱗は退化したんだな。

だけど鱗はどうしても欲しい、ってんで調べてみたら、哺乳類にも鱗状の構造はあるんだな。ネズミの尻尾を思い浮かべて欲しい。ちょっと硬いだろ?あれだ。鳥類の肢なんかも同じらしいぜ。だが魚類の鱗と違って表皮性らしいな。そもそも爬虫類から表皮性の小片鱗になったらしい。ともかく人魚も鱗状の構造を持つのは可能ってことだ。表皮性の鱗はケラチンが主成分らしいから、きっとすね毛が進化するんだろうな。

次に上半身に移るぜ。一番の問題は呼吸器系だ。水棲ならやっぱり鰓が欲しいよな。ずっと水の中で生活できるからよ。けどやっぱ哺乳類がもう一回鰓を獲得するのは無理だ。だからってんで、クジラやイルカはたまに水面に出て息を吸ってる。頻繁に息継ぎしなくていいように、ミオグロビンっつう酸素担体を獲得してな。ミオグロビンはヘモグロビンより酸素を運ぶ効率がいい。ヒトにもあるんだが、ほんの僅かだ。

それなら問題ねーじゃねえかと思うかも知れん。ただよ、イルカは背中に呼吸器があるだろ?あれが実は鼻なんだ。でよ、もし人魚もそうなったら嫌じゃねーか?別に鼻はそのままでも大して差が無いとは思うんだけどな。顔はヒトのまんまで鼻が無いなんて、どっかの人類最強みたいだろ?「○リリンのことかーーっ!!」

なんだかんだいちゃもんつけたが、やっぱヒトから人魚になるのが一番リーズナブルだよな。


*魚類→人魚*
次は魚からの進化だな。正直ファンタジーの分野に任せた方がいい気がするんだがよ、そこはブラザー、俺たち妄想族だろ?

まずメリットとして、ヒト→人魚のとこで問題だった、鱗と鰓は備えてる。あとは胸びれが手になって、顔が人間顔になればいいんだよな。

オタマジャクシに胸びれがあったかどうか、そして胸びれがそのまま前肢になったかどうか、調べてもどうもはっきりしねえ。けどハゼの仲間が胸びれで歩いたりするらしいから、多分腕になるのは可能だ。オタマジャクシに後肢ができず、前肢だけできたと思えばいい。この時の泳ぎ方は、水棲哺乳類みたいに背腹方向にうねるんじゃなくて、左右にうねる。そういう人魚ってどうだろうな。ちょっと気持ち悪いな。

あと一つ、またなんだがこだわりがある。ヒト→人魚の場合、下半身は脚だって言ったよな。でも魚類→人魚の場合は尾なんだよな。脚が生えるとしたら別の場所からだ。でよ、それってちょっと幻滅だよな。いや、実際に脚は生えねーんだけどよ。想像したら着ぐるみみたいで笑えるよな。

顔の話だ。目が横についてる人魚は嫌だ。そこで理科で習ったことを思い出して欲しい。草食獣は外的を見渡せるように横に目があって、肉食獣は獲物を追うために前に目がある。じゃあ肉食化すればいーんじゃねーのと思ったんだが、そもそもヒトがヒトに進化するまで、サルの前がなんだったのかまったくわからねえ。

サル→ヒトの進化については日夜研究者達がドンドコやってるが、サルになったのはいつなのか、サルの前はなんのか、ってのが解らねえ。原始的なネズミらしいんだが、ネズミからサルって飛躍しすぎてねーか?ただちょっと思ったのは、ネズミって前足を使って物を食べるだろ?リスとかドングリかじるよな。あれがもっと前足で作業するようになると、目は前についてた方がいいと思うんだ。だからサルは肉食じゃないけど、前に目がつくようになったんじゃねーかな。

つーわけでだ、魚類→人魚はかなり難しい。けどがんばってこじつければなんとかなる。とりあえず腕が生えればいい。そのためには一旦陸棲化する必要があるかもな。


*水棲哺乳類→人魚*
正直魚類までで辞めようと思ったんだが、一つ重要なことに気付いたんだ。魚類ってよ、バカだろ?それがいくら進化したとしても、せいぜい魚人になるくらいだと思うんだ。人魚と魚人の越えられない壁、兄弟ならフィーリングで感じてくれるはずだよな。

で、考えたのが水棲哺乳類からの進化だ。端的に言うとイルカだな。イルカは頭がいい。脳みそは人間よりでかいしな。つーわけで、細かいとこは魚類→人魚と同じだと思う。道具を使う必要性が出てくれば、自ずと腕も生えるだろ。


*まとめ*
なんだろうな、ここまで読んでみて、文章の量と情報量のあまりのギャップに時間を無駄にしたと思ってたりするんだろうな。でもここまで2時間半くらいかけて色々と調べたんだからよ、もーちょっと付きあってくれ。

結局よ、想像上の生き物をあーだこーだ言っても仕方ねーのは解ってるんだ。ただな、今後の進化の過程でどでかいサプライズが起こるとも限んねーだろ?温暖化で陸地が水没したらヒトが水棲化するかもしんねーし、そのうちイルカが凄いことになるかも知れん。何より夢があるよな。後付けでもいいから何とか進化的に理由をつければ、存在するような気がしてくるじゃねーか。そういう心の余裕って必要だと思うぜ。俺の場合は余裕ぶっこいてる場合じゃねーんだけどな。

そんなわけでだ。良い子はこんな科学ごっこは信じちゃだめだぜ。論理的な箇所なんて数えるほどしかないからな。後は全部フィーリングだ。だけどフィーリングも大事だぜ。その辺が伝わってくれれば、これを書いた甲斐もあると思えるんだがな。

comments

すごい!すごいよ!!自分以外の人間が、ここまで尾びれや海棲哺乳類について考察したのなんて初めて見た。

仮説引用で悪いんだけど、人魚の起源がマナティだったり、シーサーペンとがリュウグウノツカイだったり…大航海時代のように、海が未知と恐怖に満ち満ちていた頃は、畏敬と妄想が飛躍しまくったんだろうね。

それにしても、人魚をここまで考えたことはなかった…
いつもならツッコミいれるところだけど、ここまで完璧にまとめられるとグゥの音も出ナッシングですな。
  • [2006/10/17 13:15]
  • URL |
  • クッシー
  • [ edit_c ]

よう兄弟。お前は白土三平の『忍者武芸帳影丸伝』を読んだことはあるかい?影丸様は超カコイイんだぜ。
ヒト→魚人的なキャラがいて
1 長時間潜水能力の獲得
2 水掻き及びボディバランス等水中生活に適した外部形態の獲得
3 皮膚呼吸ゲトー
4 体幹部側面(肺側面)に原始的な鰓を獲得
ってな感じだた。ただこいつは人形のまま、両生類化(オタマジャクシ化)したようなもんだが、哺乳類が水に適応するとこんなんになると思うなぁ。影丸様は超カコイイんだぜ。

私としては、魚類ー両生類ー爬虫類ー哺乳類ー水棲哺乳類
        |_人魚               だと思う。
人魚=魚類/人=哺乳類で外部形態はあくまで相似器官。
つまり魚類が両生類化して人魚化したのではなく、思うに原始的な魚の一部が恋人とハグしたかったんだよ。
そんで鰭の変型によって腕を獲得したから、ガン泳ぎして採餌する必要がなくなり、腰部から下の90°転回。だってその方が可愛くてモテそうじゃないの。
ちなみにオタマジャクシの前肢は体内の嚢で形成され、ある日突然皮膚を破ってズボッと出てくる。出て来た当初は小さい腕が、成長と共に大きくなるのさ。
影丸様は超カコイイんだぜ。
  • [2006/10/17 17:44]
  • URL |
  • ami
  • [ edit_c ]

とりあえずアレだ・・・人魚でや(以下自主規制)
すね毛が鱗に進化する説がクールだぜべイベー☆
次は龍についても宜しく頼む!
  • [2006/10/18 23:41]
  • URL |
  • matsu
  • [ edit_c ]

>クシィー
いやあ、クッシーの尾びれ談義に触発されましてね。説明が足りなかったり、もっと詰めなきゃいけないとこがあったりなんだけど、そういってもらえるとありがたいです。あ、水棲哺乳類じゃなくて海棲哺乳類なのね。

>ami
皮膚呼吸については、現在の海棲哺乳類が獲得できていないという現実的な面と、大型化した生物は皮膚呼吸では体幹部まで酸素を運べないという理論的な面から、ちょっと厳しいと思う。

ハグについては、この前君が言ってたように、放卵&受精中に、他の雄の放精から卵を守るため、という可能性がありそうだね。

>matsu
やばい、心がキレイすぎて自主規制部分がまじで解らん。
龍かー、あれって飛ぶんだよなー。飛行ってけっこう生物学的に制約の大きい行動なんですよ。こんど書くねー。
  • [2006/10/19 19:07]
  • URL |
  • 食パン
  • [ edit_c ]

submit_form















管理者にだけ表示を許可する

trackback

this_tb_url
http://albicetus.blog40.fc2.com/tb.php/274-83212cc4