fc2ブログ

みっくみくにしてあげる~ 

初音ミク、人気ですね。
という話題が、この日記を読んでいてくれている人に通じるのか若干不安であります。

知らない人のために。
初音ミクは基本的には作曲ソフトなんだけど、楽器として使えるボーカルがけっこうリアル。音と音のつなぎ目に違和感があんまりなくて、ソフトの修練度によっては「歌」として聞ける程度のものが作れる。それでも、萌え系のアニソンのような無機質な声の曲でないと厳しいみたいなんだけど。

それでそのソフトを使って作った曲(の動画)がニコニコで爆発的に人気なのです。

初音ミクの人気が出た理由は色々あるんだろうけど、理由の一つは「VOCALOID(ボーカロイド=歌うアンドロイド)」という名の下に『初音ミク』というキャラクターを確立させたことだと思う。

この初音ミクブーム自体も、色々とおもしろい現象なのだと思うけれど、これについてはものすごい数の人達がブログで綴っているようなので僕に言えることはないなあ。

とりあえず面白いと思った記事。

オタクの基本的嗜好ルーチンと初音ミクによってもたらされた更なる記号化の波とかなんとか。
シロクマの屑籠(汎適所属) - 初音ミク――データベース化とシミュラークルへの限りなき欲求

敷居の先住民 - 「ヤンデレ」の次は「アホの子」?
そもそもヤンデレブームが来たことすら実感できずじまいなんだけど、古くは森鴎外の舞姫かららしいよ(ほんとかよ)。実際いたら鬱陶しいことこの上ないけど、やはり「ほっとけない」というのは大きなアピールになるのでしょう。

ちなみにアホの子萌えは腐女子界隈では2005年あたりからメジャーらしい。
オタクとしては腐女子の後塵を拝してしまったわけですな。腐海恐るべし。

しかしながら、妹、姉、メイド、ツンデレ、ヤンデレ、アホの子という萌えの変遷を見ると、「自分と相手の上下関係」が微妙に交互に繰り返されてるような気がするんだが。


ニコニコのコメントを見てると盛んに「もう三次(三次元=生身の女性)はいらねー」というコメントが流れてくる。

Perfume×アイドルマスターの時もそうだけど、実体よりもむしろ記号の方が美味しく頂けるという気持ち、わからんでもない。

記号は記号を逸脱しない。カレーはカレーであり、それがもしカレーでなければ、失望して排除すればよいのだ。「カレーでないが、しかし心を惹き付ける何か」というものは自意識に不安定さを招く。だったら最初からうまいカレーを食えば良いのだ。

と、言うのはさすがに卒業しましたがね。何だって食べて見て「カレー」という名前に拘らず、「そういうもん」として受けれいれていこうと。


遅くなりましたが、↓の曲を聴かせたいがための日記でした。心してどうぞ。


comments

あほの子はいど萌えはたしかにハイオタ間でとっくにデフォです。先進的☆
このままいくと次はひげ萌えわきげ萌えがくるね。

エリスはヤンデレなのね…?つーか文学作品は多いよねそういうの。スティーブンキングのゴールデンボーイなんて壮大なヤンデレ物語かもしれない。
  • [2007/09/28 00:10]
  • URL |
  • あお
  • [ edit_c ]

色々聞いてしまった。これ凄い。。これ欲しい。。
  • [2007/09/28 03:13]
  • URL |
  • doi
  • [ edit_c ]

曲に歌入れたくてVOCALOIDいろいろ見ましたけど、初音ミクが一番自然な声出してる気がしますね。
個人的にはもうちょいオトナな女性の声が欲しいです。最近Sweet Annの名で新作が出たんですが、やはりリアル嗜好はまだまだ不自然というか…。
  • [2007/09/28 08:58]
  • URL |
  • バター
  • [ edit_c ]

>あお
アホの子萌えという単語を見て初めに思い浮かんだのは君のニヤケた顔だったよ……。
>ひげわきげ
わかったからここで萌え空間を作り出すな。
>ゴールデンボーイ
あらすじ見てきた!今度読んでみようかしら。

>doiさん
土井ミク誕生の日が来るのを心待ちにしております。

>バターン
Sweet Annを聞いてきた。歌詞が英語だったからかもしれないけど、初音ミクより若干リアルな気がする。現状だと、本格的な作曲に使うとしたらコーラスやウィスパーみたいな使い方しかできんのかね?
需要層が曖昧な気がする。
  • [2007/09/29 01:03]
  • URL |
  • 食パン
  • [ edit_c ]

submit_form















管理者にだけ表示を許可する

trackback

this_tb_url
http://albicetus.blog40.fc2.com/tb.php/421-e6c7807b

スカイ・クロラ (中公文庫)

推理小説家 森博嗣が空での戦闘にしか生きる意味を見出せない永遠の子供を描いた全5部作の1巻目にして最終巻発行された頃から発行順に読んでいましたが、クレイ・ドゥ・ザ・スカイを読んだ後にもう一度読み返しました。読み返す事がまったく苦にならないほどに面白く。一日
  • [2007/10/05 17:43]
  • url |
  • ゆうのblog |