fc2ブログ

 

人に絡むとやっぱり責任を取らんといけんくなるよな。取らんでもいいが、相手とこれからもよろしくやっていきたい時はやはり自分の尻拭いをせんといかん。

* * *


猫は果たして可愛いのか

というようなお題でですね、友人の骨魔王君がちょこっと日記に書いておりました(1月13日の下の方)。

要点は、○「猫がかわいい」ってみんな言ってるように感じる。なんでだ。確かに実際に可愛いが、『当たり障りないから言ってるよ派』も少なからずいるだろおい。これが幼女だったらおいそれと可愛いなんて言えないぞ。鍋に入れたら捕まるぞ。なのに猫にだけは盲目的で滑稽ですわね(プゲラ。

と言ってるように、僕は解釈いたしました。恐らくずれてはいますが、短い文章ということもあって僕にはこれが限界。
で、まあこれに僕はコメントをつけたんだが、実は上の概要は、今日冷静になって読み返してようやく掴んだ要旨であって、コメント時には勢いで「猫を可愛く思うのはなんでか」というところに食いついてしまって、「論点ちげーよ…」と言われて反省しておるところです。このパブロフ癖はよく人に注意されます。


とまあ以上のような経緯と、その後の彼の日記で、「批判とか日記に対する反応ってのは、自分とこのスペース同士でがっぷり四つに組んでやるもんだぜ」的なことを言っていた経緯とがありまして、今日の日記となったわけです。

そしてここまでの日記は形式的に書いたゴミです。


* * *


web上での議論というと、真っ先に思い浮かべるのは「はてな界隈」と呼ばれる場所で日夜繰り広げられている議論だ。日々の政治・社会・教育の問題に関してや、オタク心理的なものも含め、数多くのトピックについてAさんとBさんとその他大勢が互いにコメント・トラックバック等のツールを解して議論に花を咲かせている。
「はてな界隈」と呼ばれるのは、そういったことをしている人達のブログにはてなダイアリーが多いからだ(SNS的要素があるからとかなんとか)。

で、僕はそれがmixiの馴れ合いの次くらいに嫌いで、親愛なる骨魔王君がそっちの道に行ってしまうのを引き止めたいと思いつつ、まあどうせそっち行くんだろうからせいぜい悪口言ってやりたいのである。

はてな界隈が嫌いな理由その1

まず文頭にいきなり引用やリンクを持って来る点。
自分があることがらについてwebで調べていて、どうやらよさげなことが書いて有りそうなブログに飛んだと思ったら、のっけから「ID:***氏が言うには」とかって始まる。あまつさえリンクで読んで来いと言わんばかり。馬鹿かと。自分が話をしたいなら3行でまとめろと。(参考のダイアリー

今日の日記の冒頭が正にそれです。例えば全くの一見さんでなくっても、非ピアノ愛好会員からしたらまず骨魔王って誰やねんと。そして日記へのリンクが張られてある。何?それは読めってこと?もうこの辺でわし頭にうっすらと湯気が、そして絶妙のタイミングで挿入される2度目のリンク!ドカン!

「そうは言っても長い話だし、勝手に人の意見を要約したりすると軋轢が……」とか思うかも知れない。わしも思う。人の意見の要約ほど怖いもんはない。
しかし、今から自分が語ろうとしている内容は、他人からインスピレーションを受けたと言っても自分の意見である。だったらまず自分が要約して、「自分はこういう風に解釈したので、こういう風に話を進めます」というべきだ。

はてな界隈が嫌いな理由その2

語ってる内容は外界のことなのに、ノリがなぜか内輪ノリだ。頻繁に出てくるID;***氏にうんざりである。しかも引用文は同じようなことを生業にしているはてなダイアリーだったりする。
これじゃあ議論好きの大学生じゃないか。昔bluebeetleが「ああいうのを大二病って言うんだよな」って言ってた。ほんとその通り。

はてな界隈が嫌いな理由その3

あそこで語られている議論はとても熱い。一時期やおいや女装などのジェンダー関係のことを調べるためによく見て回ったけど、それこそフェミ顔負けの主張する人や批判する人、みなさん真剣である。
しかしその真剣さがどうも空虚に感じられるのは、当事者性が大きく欠けているからだと思う。ああいう議論を第三者がすることが不毛とは言わないけれど、どうしても「議論したいだけ」という臭いを撒き散らせながら重箱の隅をつついているイメージが拭えない。単純に議論に酔っている感じがして嫌だ。


* * *


個人的には、他人に対するなんやかんやを日記に書くというのはとっても疲れるし、せっかく誰かが見に来てくれてるかも知れないんだったら、なるべく公約数の大きい話題にしたいと思う。なので「他人の日記に意見する時は他人の場所で派」です。

そもそも日記と意見交換の異なる目的を、一緒のブログなりサイトで満たそうってのが効率悪い気がする。
僕はとりあえず数年か十数年か飽きるまでのろのろ書き続けて後で読み返して「う゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!」ってなるために書いてるので、適当にやってるけど。

そりゃそうと、平然とmixiに対応できている人達を見ると、この辺にコミュニケーション能力の高低が如実に現れるんだなあと思う。
はてな系のブログも散々けなしたけど、基本的にあの人達は僕の何倍も頭が良くって知識があるので、そこにも知力の高低を分ける壁があるんだと思ってる。(嫌いだけどね!)

* * *


※補足
・不細工が淘汰されないのは、人間の美醜基準が数十年の時間的スパンと数百キロの空間的距離によって容易に変化するから。あと、人間が人間を選別する指標より、人間が猫を選別する指標の方が少ない⇒選別が早く進む、とか。単純化しすぎだけど。
・赤ん坊と猫の生存戦略をいっしょくたにしたことについて⇒私が間違ってました
・可愛いという感情が存在する理由⇒同種内での庇護を獲得するためだろうね。幼女も萌えも、庇護欲を煽るためのもんだろう。じゃあなぜ感覚的に丸くて小さいものが庇護欲を煽るかと言うと入力が先が出力が先かという論になるけど。


ちなみに全然関係無いけど、見出しのマークアップは<h2>から<h4>あたりのタグで打つのが普通だと思うんだけど、seo的にはh3以下の重要性は低いので、日付やカテゴリータイトルにh2を使うよりも、「猫はなぜ可愛いか」とかをh2で括った方がいいそうだ。
実際どれくらい効果あるか判んないけどね。

h1もサイト名よりサイト概要に使うべきとかなんとか。どうなんだろね。よっぽどのことが無い限りh1=サイト名だと思うけど。

comments

どこまで細かく返答すべきなのか分からんが,まず議論が好きじゃないなら,無理にしなくて良いよ?と言いたい.
  • [2008/01/16 04:39]
  • URL |
  • 骨魔王
  • [ edit_c ]

んー、ただ自分のスタンスをまとめておきたかっただけなので、無理はしてないし返答を欲したわけではないよ。
でもまあ、web上で話すのは苦手なので自重するわ。
  • [2008/01/18 03:14]
  • URL |
  • パン食
  • [ edit_c ]

submit_form















管理者にだけ表示を許可する

trackback

this_tb_url
http://albicetus.blog40.fc2.com/tb.php/453-e2f2e7e4